« 【社労士】健康保険法 > 診療報酬改定/中小病院再診料680~690円 診療所と同水準に(20100207) | トップページ | 【社労士】労働基準法 > 労働問題/「名ばかり」店長 コナカと和解(20100208) »

2010.02.08

【FP】タックスプランニング > 生命保険料控除/上限12万円に拡充検討(20100207)

生命保険料控除、上限12万円に拡充へ 医療分野を優遇 2010/ 2/ 7 asahi.com

 鳩山政権は所得税(国税)と住民税(地方税)の生命保険料控除を拡充し、2012年1月以降に契約した保険に適用する。所得税で、控除額の上限を現行の10万円から12万円に引き上げる。介護・医療分野の保険を「公的な社会保障の補完になる」として優遇し、普及を後押しする。
 生保料控除は、加入者が支払った保険料の一定額を課税所得から差し引ける仕組み。現行は遺族・介護・医療保障の保険を対象にした「一般生命保険料控除」(控除額の上限は所得税5万円、住民税3.5万円)と、老後保障の保険が対象の「個人年金保険料控除」(同)の2本立て。
 12年以降の保険契約からは、介護・医療保障が対象の控除を独立させて「介護医療保険料控除」とし、「一般」「個人年金」と並ぶ3本立てに変える。それぞれの控除額の上限は所得税4万円、住民税2.8万円とする。また、3控除を合計した控除額の上限は所得税で12万円とし、現行2控除の10万円から増額。住民税では現行の7万円のまま据え置く。11年以前の契約分には、現行の2控除を引き続き適用する。
 政府は5日に国会に提出した税制改正関連法案に、これらの見直しを盛り込んだ。法改正が実現すれば、国税分で年約360億円、地方税分で年約300億円の減税になる見通しだ。
 【関連記事】「生命保険料控除、医療や介護など実質拡充・金融庁が要望 2006/ 8/26 NIKKEI NET

|

« 【社労士】健康保険法 > 診療報酬改定/中小病院再診料680~690円 診療所と同水準に(20100207) | トップページ | 【社労士】労働基準法 > 労働問題/「名ばかり」店長 コナカと和解(20100208) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47510578

この記事へのトラックバック一覧です: 【FP】タックスプランニング > 生命保険料控除/上限12万円に拡充検討(20100207):

« 【社労士】健康保険法 > 診療報酬改定/中小病院再診料680~690円 診療所と同水準に(20100207) | トップページ | 【社労士】労働基準法 > 労働問題/「名ばかり」店長 コナカと和解(20100208) »