« 【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉/JP労組 2年連続ベア見送り(20100210) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/ビックカメラ、新卒50人追加採用(20100210) »

2010.02.12

【社労士】健康保険法 > 診療報酬改定/再診料 690円に統一(20100211)

再診料統一 開業医は嘆き節、病院勤務医は評価の声 2010/ 2/11 asahi.com

 医療機関で2回目以降の外来受診の際にかかる「再診料」が、4月から690円に統一される。病院は90円上がり、診療所は20円下がる。病院の勤務医の待遇改善が狙いで、診療所の開業医は危機感を募らせる。休日や夜間に患者からの相談を受ける診療所に特別な加算を付けるなど、外来医療の報酬配分も10日の中央社会保険医療協議会(中医協=厚生労働相の諮問機関)で決まった。
 「診療所の危機的な経営状況が加速してしまう」。診療所の再診料引き下げについて、東海地方で整形外科を開業する医師は頭を抱えた。1日に100人を超す患者が訪れ、2009年6月の診療報酬900万円のうち、再診料は18%を占めた。20円下がると収入は年間約50万円減る。
 大幅引き下げなら、リハビリや事務の職員削減も考えないといけないと覚悟していた。そうなると患者の待ち時間が延びてしまう。今回はそうした事態を避けられそうだが、楽になるわけではない。これまでも職員に賞与を払う7月と12月は赤字。昨年は新たに500万円を借りた。
 厚労省は、医療費の明細書を無料発行するなどの診療所には再診料に加算する方針だが、院長は「発行したり患者に中身を説明したりする時間や人手の余裕はない。現場に新たな負担と混乱を押しつけるのか」と嘆く。 (以降略)

再診料690円に統一…開業医不満の20円下げ 2010/ 2/11 YOMIURI ONLINE

 2010年度の診療報酬改定の焦点となっていた再診料の見直しは10日、開業医の診療所を20円引き下げると同時に、中小病院を90円引き上げ、690円に統一することで決着した。
 厚生労働相の諮問機関「中央社会保険医療協議会」(中医協)は収入減となる開業医に配慮し、休日・夜間にかかりつけ患者の対応ができる体制をとる診療所を対象に、再診料に上乗せ加算できる仕組みを新たに導入する方針を打ち出したが、開業医には不満が残った。
 再診料は現在、診療所が710円、中小病院(200床未満)が600円となっている。
 患者から「差があるのは分かりにくい」という指摘があり、初診料は統一したが、再診料は統一すれば診療所の収入減につながるため、日本医師会などの反対で診療所の引き下げが見送られ、格差が残っていた。
 再診料を10円増減させると、診療所は全国で計約100億円、中小病院は計約20億円、収入が変化すると見込まれている。今回の改定では、ほぼ中間の660円とする案も出たが、開業医の委員らが反対した。10日の総会では、学識経験者ら公益委員が、診療所の引き下げ幅を抑えた裁定案を提示した。反発した開業医の委員らが「診療所の体力の著しい低下を招き、医療崩壊が拡大する」として一時退席したが、最終的には黙認する形で受け入れた。

再診料、690円に統一 開業医に譲歩、下げ小幅 2010/ 2/11 NIKKEI NET

 中央社会保険医療協議会(中医協)は10日、2回目以降の外来診察でかかる再診料について4月から開業医の診療所を20円引き下げ、690円とすることを決めた。診療所より安かった中小病院を90円引き上げて26年ぶりに統一する。診療所の再診料引き下げは「開業医優遇」の実態を是正するのが狙いで、夜間対応などで地域医療に貢献している診療所には再診料とは別に報酬を加算して配慮する。ただ開業医主体の日本医師会(日医)の抵抗は強く、再診料の減額幅や加算額は当初目指した水準より小幅にとどまった。
 診療所の収入に占める比重の高い再診料の改定は、今回の診療報酬見直しの目玉だった。

再診料、690円で統一 中医協決着、中小病院は90円上げ 2010/ 2/10 NIKKEI NET

 厚生労働相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)は10日、外来診察の基本料金である再診料を4月から見直し、中小病院と開業医の診療所は690円で統一することで決着した。中小病院を600円(患者負担は原則3割)から大幅に引き上げ、診療所を710円から下げる。休日など時間外対応をする診療所には料金を加算できる仕組みも導入する。
 患者から「同じ医療サービスで病院と診療所の再診料に格差があるのはおかしい」との批判があり、中医協は昨年から再診料を統一する方向で議論を進めていた。
 全国に約8800ある病院のうち、病床が200床未満の中小病院約6100が再診料の引き上げの対象になる見込み。中小病院で受診する患者の自己負担は診察1回につき27円(3割負担の患者の場合)増える。厚生労働省は中小病院全体で180億円の増収効果があるとみており、病院勤務医の待遇改善などにつながると判断している。
 【関連記事】「中小病院の再診料680~690円 厚労省方針、診療所と同水準 2010/ 2/ 7 NIKKEI NET」 / 「診療所の再診料引き下げ、賛否両論 中医協の地方公聴会 2010/ 1/22 NIKKEI NET」 / 「【社労士】健康保険法 > 診療報酬改定/診療所の再診料、引き下げ検討(20100119)」 / 「病院・診療所の再診料、統一で合意 中医協 2009/12/17 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉/JP労組 2年連続ベア見送り(20100210) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/ビックカメラ、新卒50人追加採用(20100210) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47544621

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 診療報酬改定/再診料 690円に統一(20100211):

» 引越し費用を格安に!| 1分で見積り、安い引越し [安い引越し費用のコツ]
引越しのスケジュールが決まったら、引越し費用を格安にするためにまず、 引越し会社に引越し費用として支払う金額は運賃(基本料金) 実費(人件費) 付帯サービス(オプションサービス) 安い引越し費用にしたいなら、こららの引越し価格に含まれる実費を安くすることがポイントです。 ... [続きを読む]

受信: 2010.02.14 03:55

« 【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉/JP労組 2年連続ベア見送り(20100210) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/ビックカメラ、新卒50人追加採用(20100210) »