« 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題/日航 人件費削減(20100220) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/介護療養病床削減見直し案(20100220) »

2010.02.21

【社労士】健康保険法 > 医療費抑制/禁煙(20100220)

2は白鳥、並んでスワン吸わん? 毎月22日は禁煙の日 2010/ 2/20 asahi.com

 毎月22日は禁煙の日――。日本癌(がん)学会など12の医・歯科系学会でつくる「禁煙推進学術ネットワーク」は19日、今月22日に和暦で「2」が五つ並ぶのを機に、こんな記念日を設けると発表した。「2」の形が、左を向いた白鳥(英語でスワン)に似ていることから、「22」を「吸わん・吸わん」にかけたという。
 各学会が毎月、回り持ちで冊子づくりなどの啓発活動をする。専用のホームページ(http://www.kinennohi.jp/)では、たばこの健康被害の深刻さや禁煙治療の方法について解説している。
 同ネットの藤原久義委員長は「喫煙は最大の病気の要因で、禁煙で予防できる。毎月考える機会を提供するので、多くの人が禁煙に挑戦してほしい」としている。

20代喫煙者 7割が依存症 2010/ 2/20 yomiDr.

 治療の保険適用 大半が基準外
 喫煙は、がんや心臓病の原因となるほか、自分ではたばこをやめられない「ニコチン依存症」にもなる。
 治療は、1日に吸うたばこの平均本数と喫煙年数に応じて保険が適用されるが、若年者はこの条件を満たしにくく、禁煙治療に取り組む医師からは制度の改善を求める声が上がっている。
 ニコチン依存症の人を対象にした禁煙治療は2006年から保険が適用された。治療では、張り薬や飲み薬などが使われる。
 長年、禁煙治療に取り組む兵庫県立尼崎病院病院長の藤原久義さん(循環器内科)は、「ニコチン依存症は薬物依存症の一種で、治療を必要とする病気だ。若いうちから喫煙を始めた人ほど、ニコチン依存症になりやすい」と話す。
 だが、保険適用となるのは、1日に吸うたばこの本数に喫煙年数をかけた数値が200以上の人に限られ、日に20本吸っても10年未満だと、保険による禁煙治療が受けられない。(以降略)
 【関連記事】「長期喫煙者6割、肺疾患の疑い 2009/ 8/13 YOMIURI ONLINE」 / 「たばこが原因で死亡、年間20万人 対策に増税必要? 2008/12/22 asahi.com」 / 「全面禁煙道険し 「喫煙客失う」と飲食店懸念 2008/12/19 NIKKEI NET」 / 「日本人の喫煙率、08年は25.7%で最低更新 JT調査 2008/10/23 NIKKEI NET」 / 「喫煙率12年連続減26%…JT調査 女性は2年ぶり増 2007/10/18 YOMIURI ONLINE」 / 「さあ禁煙だ!「きっかけは増税」6割 製薬会社調査 2006/12/ 6 asahi.com」 / 「「禁煙、値上げきっかけ」35% 製薬会社調査 2006/ 6/29 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題/日航 人件費削減(20100220) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/介護療養病床削減見直し案(20100220) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47625299

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制/禁煙(20100220):

« 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題/日航 人件費削減(20100220) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/介護療養病床削減見直し案(20100220) »