« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/湯浅氏、辞任意向(20100219) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題/県民所得 地域ばらつき(20100219) »

2010.02.21

【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉/定昇 経営者側軟化(20100219)

定昇、経営側軟化…中小は「維持」に不満も 2010/ 2/19 YOMIURI ONLINE

 自動車、電機大手の労働組合が17、18日、会社側に春闘の要求書を提出し、主要労組の要求が出そろった。
 連合がベースアップ(ベア)の統一要求を見送り、「定期昇給(定昇)維持」を掲げたのに対し、「定昇凍結」の強硬策もちらつかせた経営側。だが、ここに来て態度を軟化させ、定昇維持で折り合いそうな展開だ。大手の交渉の焦点は一時金に移りつつあるが、現実路線に「闘わない春闘」との批判も聞こえてくる。
 日本経団連の1月の春闘指針が定昇凍結を示唆する内容で、定昇維持さえ危ぶまれた今春闘だが、業績改善傾向がうかがえ、経営側も柔軟になりつつある。
 昨年、定昇を凍結した電機大手幹部は「リーマンショック後の昨年は1円でも削りたかったが、今の状態での凍結は社員の士気を下げる」。経団連幹部も「経営が傾くような危機的状況での凍結はやむを得ないが、あくまで雇用を守る最後の手段」と話す。ただ、「少子高齢化や経済規模の縮小が予想される中、現在の定昇を今後も続けられるのか」(日立製作所の大野健二執行役常務)との指摘もある。
 一方、昨年は大幅カットされた一時金。多くの労組が昨年以上の金額を要求し、企業側も「重い要求」(ホンダ)と受け止めるなど、攻防の焦点になりそうだ。
 連合とは一線を画し、ベア要求に踏み切る労組も少数ながらある。月2500円を掲げる私鉄総連の渡辺幸一委員長は「消費を増やし、内需拡大することで景気回復につながる」。月1000円のJR連合も「取れるところが取らないと、全体に波及しない」。ある労組幹部は「ベア要求しないと春闘をやる意味がない」とも話すが、背景には、大手の定昇は制度化されているという事情もある。
 中小労組からは、大手の現実路線に不満が漏れる。中小企業の多くは定昇制度がなく、定昇分も含め具体的金額で要求する必要がある。ある労組幹部は「大手が定昇維持だと金額換算できず、交渉材料にならない。今春闘は賃金カットを防ぐので精いっぱい」と語る。
 連合は今回初めて、非正規も含めた全労働者の処遇改善を要求の柱に据えた。電機連合は、全労働者に適用される「産業別最低賃金(18歳)」の月額1000円引き上げを要求した。
 【関連記事】「電機、定昇の幅議論も 春季交渉の要求提出 2010/ 2/18 NIKKEI NET」 / 「今春の賃金改善、要求見送り 電機連合が正式決定 2010/ 1/29 NIKKEI NET」 / 「【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉/自動車大手労組 春闘の要求始める(20100217)」 / 「自動車大手労組、賃金改善要求を正式決定 17日に一斉要求へ  2010/ 2/12 NIKKEI NET」 / 「【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉/電機連合 賃金改善要求見送り(20100128)」 / 「電機連合、最低賃金水準1000円上げ要求 春闘方針を発表 2010/ 1/21 NIKKEI NET」 / 「自動車総連、今春闘はベア要求見送り 2010/ 1/14 YOMIURI ONLINE」 / 「電機連合、賃金改善要求見送り  2009/12/12 NIKKEI NET」 / 「電機連合、賃上げ要求見送り 5年ぶり 雇用などに力点 2009/12/11 asahi.com」 / 「統一ベア見送り、連合が春闘方針 非正規労働者も参加 2009/11/ 3 NIKKEI NET」 / 「連合、統一ベア要求を見送り 10年春闘 2009/10/30 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/湯浅氏、辞任意向(20100219) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題/県民所得 地域ばらつき(20100219) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47624830

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉/定昇 経営者側軟化(20100219):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/湯浅氏、辞任意向(20100219) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題/県民所得 地域ばらつき(20100219) »