« 【社労士】社会一般常識 > 生活保護/急増の福岡市、担当職員も大幅増(20100217) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/介護や観光 検定制度創設(20100217) »

2010.02.18

【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/研修医高給に歯止め(20100217)

厚労省:研修医高給に歯止め 年720万円以上補助金減額 2010/ 2/17 毎日jp

 大学医学部を卒業して2年以内の初期臨床研修医の給与に差がありすぎるとして、厚生労働省は11年度から、年720万円以上の給与を払う研修病院には補助金を減額する方針を固めた。17日開かれた医道審議会部会に諮り、了承された。厚労省は研修医の給与の目安を年360万円としており、医師不足を背景にした過度の厚遇に歯止めをかけることにした。
 04年度から制度化された初期臨床研修は、質の向上のため、研修医の他病院などでのアルバイトを禁じる一方、月30万円の収入が保証されるよう設計された。厚労省の09年度調査では、研修病院1072施設の1年目の平均給与は年410万円だったが、700万円以上も26施設あった。最高は1075万円で、最低の204万円と5倍以上の差がある。
 このため11年度からは、基本給が目安の2倍を超える病院に対し、研修医1人当たり百数十万円になる補助金を一定額減らすことで、格差の是正を図る。一方で給与が年360万円に満たない病院への対応も今後議論する。厚労省医師臨床研修推進室は「研修医確保の努力は否定しないが、制度の趣旨を逸脱するような高額化は避けたい」としている。
 また、今年度の募集から設けられた都道府県別の定員上限について、定員を一気には減らさない激変緩和措置を来年度募集でも続けることも、同部会で了承された。
 【関連記事】「研修医278人 違法バイト…厚労省全国調査 2008/12/ 8 YOMIURI ONLINE」

|

« 【社労士】社会一般常識 > 生活保護/急増の福岡市、担当職員も大幅増(20100217) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/介護や観光 検定制度創設(20100217) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47598614

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/研修医高給に歯止め(20100217):

« 【社労士】社会一般常識 > 生活保護/急増の福岡市、担当職員も大幅増(20100217) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/介護や観光 検定制度創設(20100217) »