« 【社労士】健康保険法 > 医療費問題/メタボリックシンドローム 胸囲基準根拠揺らぐ(20100209) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療費問題/後発医薬品、富士フィルム 参入発表(20100209) »

2010.02.10

【社労士】健康保険法 > 混合医療/未承認薬 優先度仕分けへ(20100209)

外国製の薬承認、優先度を仕分けへ 厚労省、4月めど 2010/ 2/ 9 asahi.com

 厚生労働省は、海外で使われている薬を国内でも早く使えるようにしようと、学会や患者団体からの要望が強い計374件について、4月をめどに、優先度合いを仕分ける方針を決めた。2011年秋には、薬価などの診療報酬を議論する中央社会保険医療協議会に、開発の状況を報告する。
 対象は抗がん剤やワクチン、抗てんかん薬など、公募により学会などから求めがあったもの。国内未承認薬が89件と、抗がん剤などで、特定のがんで保険が使えても、別の部位だと使えない適応外薬などが285件。全体の84件は小児向けの薬だ。
 緊急性が高く医療上の必要性の強い薬は、仕分け後、製薬企業に承認申請に向けた工程表を示してもらう。
 国内外で使える薬の格差「ドラッグ・ラグ」の解消のため、同省では、09年度の補正予算で未承認薬14品目に対し、企業への開発支援費100億円を計上。10年度の診療報酬改定では、特許薬の値下げ幅を抑える新加算を導入するのと引き換えに、企業側に未承認薬などの開発に責任を持たせる方針を盛り込む。
 【関連記事】「治験、事前審査の要件緩和 厚労省、新薬承認を迅速に 2008/ 6/25 NIKKEI NET」 / 「未承認薬の使用、限定で解禁検討・代替治療ない場合など  2007/ 7/28 NIKKEI NET」 / 「未承認薬、限定解禁へ・代替治療法ない場合、厚労省が検討 2007/ 6/ 8 NIKKEI NET

|

« 【社労士】健康保険法 > 医療費問題/メタボリックシンドローム 胸囲基準根拠揺らぐ(20100209) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療費問題/後発医薬品、富士フィルム 参入発表(20100209) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47528273

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 混合医療/未承認薬 優先度仕分けへ(20100209):

« 【社労士】健康保険法 > 医療費問題/メタボリックシンドローム 胸囲基準根拠揺らぐ(20100209) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療費問題/後発医薬品、富士フィルム 参入発表(20100209) »