« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/明細付き領収書発行義務化 中医協合意(20100205) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉/春季交渉本格スタート 一時金要求ばらつき(20100206) »

2010.02.06

【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題/年金記録1497人分特定 自治体のデータと照合(20100205)

厚労相「年金記録1497人分を特定」 自治体のデータと照合  2010/ 2/ 5 NIKKEI NET

 長妻昭厚生労働相は5日午前の衆院予算委員会で、宙に浮いた年金記録について全国の自治体が保有する国民年金保険などのデータなどと照らし合わせたところ、計1497人分の記録が特定されたと明らかにした。厚労相は自治体の協力に対し、一部の経費を負担したことも明らかにした。
 民主党の岡島一正氏への答弁。
 【関連記事】「年金記録調査、1件165円で助けて 自治体に交付金 2009/11/12 asahi.com」 / 「年金記録問題、自治体や企業と連携・閣僚会議で方針確認 2008/ 1/24 NIKKEI NET

|

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/明細付き領収書発行義務化 中医協合意(20100205) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉/春季交渉本格スタート 一時金要求ばらつき(20100206) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47496751

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題/年金記録1497人分特定 自治体のデータと照合(20100205):

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/明細付き領収書発行義務化 中医協合意(20100205) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉/春季交渉本格スタート 一時金要求ばらつき(20100206) »