« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/地方公務員の「わたり」 総務省再調査(20100119) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金/日航年金減額(20100120) »

2010.01.20

【社労士】健康保険法 > 診療報酬改定/診療所の再診料、引き下げ検討(20100119)

診療所の再診料、原則引き下げを検討 厚労省 2010/ 1/19 NIKKEI NET

 厚生労働省は19日、2回目以降の外来受診にかかる再診料について、来年度から開業医の診療所を原則引き下げる一方で病院は引き上げ、統一する方向で検討に入った。現在、診療所の再診料は710円(患者負担は原則3割)で、病院の600円(同)と差があるためそろえる。ただ夜間や休日でも対応する診療所には公的保険や患者が払う診療報酬を加算する。
 厚労省の足立信也政務官が同日記者会見し、「午前9時から午後5時までしか診察しない診療所(の再診料)は若干下げざるをえないだろう」と述べた。再診料を巡っては「同じ医療サービスで診療所と病院で差があるのはおかしい」との批判も出ていた。病院にとって再診料の引き上げは収入増につながるため、厚労省には病院の収支を改善させたいとの狙いもある。
 再診料は今後、中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)で議論する。仮に診療所と病院のほぼ中間の660円にそろえた場合、患者負担は原則として病院で18円増え、診療所では15円減る。

再診料「地域医療へ貢献なら加算」 厚労政務官 2010/ 1/19 asahi.com

 来年度の診療報酬改定で焦点となっている、再診料の病院(600円)と診療所(710円)の格差見直しについて、厚生労働省の足立信也政務官は19日、診療所の再診に対する報酬水準を下げて、時間外対応など地域医療に貢献する診療所には加算する意向を明らかにした。
 再診料の価格差は、開業医に手厚い報酬体系の象徴として批判されており、統一する方向で議論が進んでいる。
 足立氏はこの日の記者会見で、「時間外で電話に応じたり、自分が診察できなくても他の病院を紹介するなど、地域医療で頑張っている方々の診療料を下げるつもりは全くない」と強調した。そのうえで、「薬だけ処方されているようなところや、9時~5時でいなくなって、その後は連絡の取りようがないところ」と例示し、こうした診療所は「若干の低下はあるだろう」と述べた。
 厚労相の諮問を受けて、中央社会保険医療協議会(中医協)が具体的な報酬配分について協議を始めたが、診療側委員が再診料引き下げに強く反対している。
 【関連記事】「病院・診療所の再診料、統一で合意 中医協 2009/12/17 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/地方公務員の「わたり」 総務省再調査(20100119) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金/日航年金減額(20100120) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47342771

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 診療報酬改定/診療所の再診料、引き下げ検討(20100119):

« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/地方公務員の「わたり」 総務省再調査(20100119) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金/日航年金減額(20100120) »