« 【社労士】社会一般常識 > 日本年金機構/組織移行に関連する問題(20100114) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働組合/日教組 加入数減(20100114) »

2010.01.15

【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/就職内定率(20100115)

就職内定率:大卒73.1% 昨年12月時点、6年ぶり前年割れ 高卒は68.1% 2010/ 1/15 毎日jp

 厚生労働省と文部科学省は14日、3月卒業見込みの大学生などの就職内定率(昨年12月1日現在)を公表した。大学生の内定率は前年同期を7・4ポイント下回る73・1%。前年同期比で6年ぶりに前年を下回り、過去最大の下落幅となった昨年10月時点と同じ下げ幅だった。高校生の内定率(昨年11月末現在)は68・1%(前年同期比9・9ポイント減)で、同時期としての下落幅は過去最大となった。
 調査は112校を抽出し、6250人に面接や電話で調査した。大学生の男女別では、男子が73・0%(同7・4ポイント減)、女子が73・2%(同7・3ポイント減)。短大生は47・4%(同9・5ポイント減)、高等専門学校96・9%(同1・1ポイント増)、専修学校56・7%(同6・4ポイント減)となった。別調査の高校男女別の内定率は男子73・1%(同10・0ポイント減)、女子61・7%(同9・9ポイント減)だった。
 厚労省若年者雇用対策室は「求人の減少が影響している。高校では特に、製造業の求人減少が響いている」と話している。

大学生の就職内定率、過去最低73.1% 下げ幅も最大 2010/ 1/15 asahi.com

 就職を希望する今春卒業予定の大学生の昨年12月1日時点の内定率は73.1%で、調査が始まった1996年以降、最低となったことが14日、文部科学省と厚生労働省のまとめで分かった。前年からの下げ幅も、過去最大だった昨年10月時点の調査と同水準の7.4ポイント減で、2000年前後の「就職氷河期」より厳しい雇用状況が改めて浮き彫りになった。 (以降略)

大学生の就職内定73%、2年連続前年下回る 2010/ 1/14 YOMIURI ONLINE

 厚生労働省と文部科学省は14日、今春卒業予定の大学生の就職内定率(昨年12月1日現在)が73・1%で、前年同期を7・4ポイント下回ったと発表した。
 2年連続で前年同期を下回り、1996年の調査開始以来、過去最低で、下げ幅も最大。依然として就職状況が厳しいことが浮き彫りになった。
 内定率は男子73・0%(前年同期比7・4ポイント減)、女子73・2%(同7・3ポイント減)。地区別では、中部が69・7%(同15・4ポイント減)、中国・四国が67・4%(同9・6ポイント減)で、下げ幅が大きかった。
 厚労省が同日発表した昨年11月末現在の高校生の就職内定率は68・1%で、前年同期を9・9ポイント下回った。こちらも1988年の調査開始以来、下げ幅は最大となった。

大卒内定率、最低の73% 12月1日時点、下落幅も過去最大 2010/ 1/14 NIKKEI NET

 今春卒業予定の大学生の就職内定率が、昨年12月1日時点で前年同期より7.4ポイント低下し、73.1%だったことが14日、文部科学省の調査でわかった。調査を始めた1996年以降、過去最低で下落幅も過去最大。今春高校を卒業する就職希望者の就職内定率も昨年11月末時点で68.1%と、前年同期比で9.9ポイント下がったことが同日、厚生労働省のまとめで分かった。
 文科省によると、大学生男子は前年同期比7.4ポイント低い73.0%、女子は73.2%で7.3ポイント低下した。特に私立大の女子は9.5ポイント低い69.0%で、大学の中で就職内定率が最も低かった。
 学校種別では、私立大が70.5%と8.5ポイント下がった。4.6ポイント低下の国公立大(80.7%)に比べ下落幅が大きかった。短期大学は47.4%で9.5ポイント下がった。高等専門学校は96.9%で1.1ポイント上昇、専修学校は56.7%で6.4ポイント低下した。
 【関連記事】「10年春卒業の大学生、「就職できず」6割増 氷河期並み13万人に 2009/12/31 NIKKEI NET」 / 「春新卒採用、人数「わからない」企業36・6% 2009/12/16 YOMIURI ONLINE」 / 「大学3年生、焦る就活 会社説明会、長蛇の列 2009/11/20 NIKKEI NET」 / 「まだ就活中の4年生が…大学3年生対象の説明会 2009/10/10 asahi.com」 / 「今年の就活、7年ぶり「苦」がトップ 「楽」は3位に 2009/ 8/13 NIKKEI NET」 / 「大学4年生、汗だくの就活 内定率、昨夏より1~2割減 2009/ 7/24 asahi.com」 / 「大学生の就職内定率、9年ぶり悪化 高校生も7年ぶり減 2009/ 5/23 asahi.com」 / 「内定取り消し、高校生386人 3月末の文科省まとめ 2009/ 4/30 asahi.com」 / 「高校・専修学校生、内定取り消し881人 195人なお就職活動中 2009/ 4/29 NIKKEI NET」 / 「内定取り消し、いまも就職活動…高校・専門校卒業生195人 2009/ 4/29 YOMIURI ONLINE」 / 「内定取り消し企業の社名公表、抑止効果に疑問符 2009/ 4/21 NIKKEI NET」 / 「内定取り消し企業名公表 大学関係者「氷山の一角」 2009/ 3/31 NIKKEI NET」 / 「内定取り消しは404社1845人、企業名2社を初公表 2009/ 3/31 YOMIURI ONLINE」 / 「非正社員の失職19万人に 内定取り消し1845人 2009/ 3/31 asahi.com」 / 「企業からの辞退示唆や採用条件変更、496人が内定辞退 2009/ 3/26 asahi.com」 / 「内定取り消し1400人超、別企業に再び内定は半数だけ 2009/ 3/26 YOMIURI ONLINE」 / 「内定取り消し753人 大学短大高専分を文科省まとめ 2009/ 1/23 asahi.com」 / 「内定取り消し、専修学校卒業予定者は232人 文科省発表 2009/ 1/19 NIKKEI NET」 / 「就職内定率が低下 大学生5年ぶり 高校生も6年ぶり 2009/ 1/16 asahi.com」 / 「高校生の内定取り消し186人 半数なお求職中 文科省 2009/ 1/16 asahi.com」 / 「内定取り消し、172社769人に…厚労省調査 2008/12/26 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】社会一般常識 > 日本年金機構/組織移行に関連する問題(20100114) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働組合/日教組 加入数減(20100114) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47298002

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/就職内定率(20100115):

« 【社労士】社会一般常識 > 日本年金機構/組織移行に関連する問題(20100114) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働組合/日教組 加入数減(20100114) »