« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策/離婚件数・7年ぶり増加?(20100102) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金運用/りそな銀、基金に運用提案(20100104) »

2010.01.04

【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/就職難・派遣村(20100104)

都の「派遣村」から685人カプセルホテルに移動 2010/ 1/ 4 YOMIURI ONLINE

 年末年始に住まいがない失業者のため、東京都が宿泊施設として用意した国立オリンピック記念青少年総合センター(渋谷区)に滞在していた833人のうち、引き続き支援を希望する685人が4日午後、大型バスに分乗し、都が手配した都内11か所のカプセルホテルに移動した。
 一夜を過ごした後、5日に都の労働者向け臨時宿泊施設「なぎさ寮」(大田区)などに移る。
 寮への滞在は2週間程度の予定で、失業者らはその間に、ハローワークでの求職活動や、自治体での生活保護の申請などを行う。同センターの滞在者のうち、100人以上は自主的に退去したという。

都立「派遣村」終了、800人が移動 2010/ 1/ 4 NIKKEI NET

 東京都が住居や仕事のない人に年末年始に提供した渋谷区の宿泊施設では入居期限の4日朝、利用者が荷物をまとめた。都の「派遣村」終了後も、利用者833人のうち約800人が住まいを確保できておらず、都は改めて宿泊場所を確保。都や支援団体が移動の手順を説明し、午後1時過ぎ、利用者はカプセルホテルに向かうバスに順次乗り込んだ。
 希望者は5日以降、別の宿泊施設に移り、各自治体の福祉相談所などで生活保護の申請や就労の相談をする。宿泊場所と食事の提供は約2週間の予定で、費用は国が負担する。1年前の「年越し派遣村」の元スタッフらは滞在期間中の3日までに325人の生活保護を申請したという。

都営「派遣村」、800人が移動へ 2010/ 1/ 4 NIKKEI NET

 東京都が住居や仕事のない人に年末年始に提供した渋谷区の宿泊施設では利用期限となる4日朝、利用者が荷物をまとめた。都の「派遣村」終了後も、利用者833人のうち、住まいを確保できない約800人が、同日午後に都が確保したカプセルホテルに移動予定で、午前9時半ごろから都や支援団体が宿泊棟前で拡声器を使って、手順などを説明した。(以降略)

都の派遣村利用者、大半が無料施設へ 会場閉鎖後の4日 2010/ 1/ 3 asahi.com

 住まいのない求職者を対象に、国の要請で生活総合相談を開催中の東京都は3日、利用者833人(3日夜現在)のうち約800人が、会場の国立オリンピック記念青少年総合センター(渋谷区)を閉鎖する4日に、都が無料で用意する宿泊施設に移ると発表した。期間は、生活保護申請手続きに必要な2週間以内を予定し、その後の就労や住まい探しの支援をする。(以降略)

 【関連記事】「【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/就職難・年越し宿泊所(20100102)」 / 「都公認「年越し派遣村」受け入れスタート 2009/12/28 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策/離婚件数・7年ぶり増加?(20100102) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金運用/りそな銀、基金に運用提案(20100104) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47201029

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/就職難・派遣村(20100104):

» 新年早々 [融資これがほんとの話]
なんとか返済しようとムリするより、しっかりした計画を立てて前へ進みましょう。 [続きを読む]

受信: 2010.01.04 22:53

» 年があけて [融資これがほんとの話]
また現実と直面する日々が来ました。がんばらずに確かな形で未来をつかみましょう。 [続きを読む]

受信: 2010.01.05 00:48

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策/離婚件数・7年ぶり増加?(20100102) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金運用/りそな銀、基金に運用提案(20100104) »