« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・公務員人件費、国と地方で6000億円削減 10年度予算案(20091225) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 診療報酬・08年度診療報酬の不適切請求36億円(20091225) »

2009.12.27

【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・社会保障費、初の50%超 10年度予算案で膨張際立つ(20091225)

社会保障費、初の50%超 10年度予算案で膨張際立つ  2009/12/25 NIKKEI NET

 2010年度当初予算案では、社会保障費の膨張が際立っている。政策的経費の一般歳出に占める比率は51.0%に達し、初めて50%を超えた。高齢化に伴う医療費の増加や子ども手当の創設などが主因だ。公共事業関係費などの削減で相殺できず、11年度以降の予算編成に大きな課題を残した。
 鳩山由紀夫政権は10年度予算案で公共事業費に切り込んだ。09年度当初予算比で1.3兆円(18.3%)減の5.8兆円となり、額も率も過去最大の削減となった。
 一方、増額が目立ったのが社会保障関係費(2.4兆円増)と地方交付税交付金(9千億円増)。社会保障と地方支援を手厚くした点に「民主党予算」の特徴がある。
 「税金のムダづかいを徹底的になくし、国民生活の立て直しに使う」。民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)の冒頭でこう訴えた。その試みは中途半端に終わったといわざるを得ない。
 【関連記事】「政府・与党、社会保障費の抑制を撤回 「骨太09」23日にも決定 2009/ 6/22 NIKKEI NET」 / 「自民「骨太09」了承見送り 社会保障費抑制巡り紛糾 2009/ 6/19 NIKKEI NET」 / 「諮問会議、「骨太」原案を了承 「安心社会」に重点配分 2009/ 6/17 NIKKEI NET」 / 「社会保障に別枠予算 10年度の概算要求基準で 2009/ 6/17 NIKKEI NET」 / 「「骨太09」に与党内反発…社会保障費抑制・消費税試算で 2009/ 6/13 YOMIURI ONLINE」 / 「社会保障費の抑制「来年度はこだわらず」 自民・園田氏 2009/ 6/12 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・公務員人件費、国と地方で6000億円削減 10年度予算案(20091225) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 診療報酬・08年度診療報酬の不適切請求36億円(20091225) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47124474

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・社会保障費、初の50%超 10年度予算案で膨張際立つ(20091225):

« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・公務員人件費、国と地方で6000億円削減 10年度予算案(20091225) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 診療報酬・08年度診療報酬の不適切請求36億円(20091225) »