« 【社労士】労働基準法 > 労働時間・名ばかり管理職の死、5500万円支払い命令(20091222) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・高校無償化:松沢・神奈川県知事、県負担拒否方針(20091222) »

2009.12.22

【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・東京都:年末年始 求職者に宿泊所や食事の支援を実施(20091222)

東京都:年末年始 求職者に宿泊所や食事の支援を実施 2009/12/22 毎日jp

 失業が長期化するなどして住居をなくした状態の求職者に対し、東京都は、年末年始の役所の閉庁期間に宿泊所と食事、生活相談などの支援を実施する。厚生労働省は、解雇や雇い止めで失職し、雇用保険の支給が切れた状態で年末を迎える人が約23万人に上ると推計している。政府は、08年末の年越し派遣村を再び繰り返さないことを目標に支援策を検討しており、東京都がこうした対策を実施するのは初めて。
 都によると、都内に確保した施設で28日から1月4日朝まで宿泊所と食事を提供し、生活関連の相談にも応じる。受け入れは、数百人を想定。21日にハローワークなどでポスターやビラで公表した。
 支援を利用できるのは、求職中で貧困・困窮状態にあり、住居のない人。都内に生活実態があり、ハローワークに求職手続き中などが条件。28日までに受け付け手続きを終えるよう求めている。ただハローワークは29、30日も開庁予定のため、弾力的に対応するとしている。
 新宿区のハローワークに相談に来た中野区在住の男性(39)は、5月に運輸関連の仕事を解雇された。雇用保険が切れ、家賃を2カ月滞納している。男性は「事情を話して家賃を待ってくれていた大家にもう待てないと言われた」と話していた。
 【関連記事】「「派遣村」の受け皿に宿泊場所500人分確保 東京都、12日まで 2009/ 1/ 4 NIKKEI NET」 / 「「年越し派遣村」に340人超 横浜・寿にも前年の1.5倍 2009/ 1/ 3 NIKKEI NET」 / 「「派遣村」、寝場所を厚労省に再要請 講堂5日で期限 2009/ 1/ 3 asahi.com」 / 「社民党、党本部の開放を検討 「派遣村」パンクで 2009/ 1/ 3 asahi.com」 / 「年越し派遣村へ続々、300人突破 厚労省が講堂を開放 2009/ 1/ 3 asahi.com」 / 「“派遣村”に支援求め250人超 厚労省に迅速な対応訴え 2009/ 1/ 2 NIKKEI NET」 / 「日比谷公園に「派遣村」、温かい年越し求め130人 2008/12/31 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】労働基準法 > 労働時間・名ばかり管理職の死、5500万円支払い命令(20091222) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・高校無償化:松沢・神奈川県知事、県負担拒否方針(20091222) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47084384

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・東京都:年末年始 求職者に宿泊所や食事の支援を実施(20091222):

« 【社労士】労働基準法 > 労働時間・名ばかり管理職の死、5500万円支払い命令(20091222) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・高校無償化:松沢・神奈川県知事、県負担拒否方針(20091222) »