« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・厚労相、「ワンストップサービス」会場を視察(20091221) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・生活保護費7億8千万円が回収不能…大阪市(20091221) »

2009.12.22

【社労士】国年法・厚年法 > 議員年金・「市議年金」廃止・存続案を併記…総務省報告書(20091221)

「市議年金」廃止・存続案を併記…総務省報告書  2009/12/21 YOMIURI ONLINE

 全国の市議と東京23区議が退職後に受け取る議員年金が2012年度にも破綻(はたん)する問題で、総務省の「地方議会議員年金制度検討会」は21日、法案化に向けた報告書をまとめた。
 現職議員の年金は掛け金総額の63%を一括返還したうえで、議員OBは全額受給する廃止案と、掛け金をアップさせて受給額を5%か10%カットする二つの存続案の3論併記とし、市議共済会の案との一本化を断念した。
 廃止案の明記は初めて。来年の通常国会への改正法案提出に向け、原口総務相が結論を出す。
 【関連記事】「破綻寸前の地方議員年金、総務省が廃止案諮問 2009/11/ 3 YOMIURI ONLINE」 / 「地方議員の年金、12・5%引き下げ・・・自民部会で了承 2006/ 2/22 YOMIURI ONLINE」 / 「市町村の議員年金、合併の余波で財源ピンチ 2005/10/28 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・厚労相、「ワンストップサービス」会場を視察(20091221) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・生活保護費7億8千万円が回収不能…大阪市(20091221) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47084275

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 議員年金・「市議年金」廃止・存続案を併記…総務省報告書(20091221):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・厚労相、「ワンストップサービス」会場を視察(20091221) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・生活保護費7億8千万円が回収不能…大阪市(20091221) »