« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・子ども手当所得制限、国民新は年収2000万円案に否定的(20091218) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法・「終の棲み処」広がる不安…有料老人ホーム経営難(20091218) »

2009.12.20

【社労士】社会一般常識 > 介護保険法・有料老人ホーム、06年度以降閉鎖65件(20091218)

有料老人ホーム、06年度以降閉鎖65件 2009/12/18 yomiDr.

 安易な参入、経営難
 「終(つい)の棲(す)み処(か)」としての関心が高まっている有料老人ホームで、経営難などにより閉鎖されたケースが、2006年度以降、少なくとも65件に上ることが読売新聞社の調査で明らかになった。
 事業主体が変わったケースも含めると342件に達し、全国のホーム数の約10件に1件の割合に上る。入居した要介護高齢者が退去を迫られた事例もあり、すべてのホームが必ずしも安心な居場所と言えないことがわかった。
 閉鎖や事業主体交代の背景には、介護報酬を目当てにした異業種からの安易な参入や、ホーム急増による競争激化などがあると見られる。
 調査は、有料老人ホームの届け出を受けている都道府県の担当課に、10~11月に、ファクスと電話で行った。06年4月1日から今年9月30日までの間に、経営難などで事業を廃止したり、事業主体が交代したりしたケースを尋ねた。
 閉鎖や事業主体の変更があった342件のほかに、認知症グループホームなどに転換されたり、経営を行っている会社ごと買収されたりしたケースもあった。
 閉鎖された場合、入居者は次の行き場を探さなくてはならないが、自宅を処分して入居した高齢者も少なくない。
 東京都内では、04年に開設した入居一時金1400万円以上のホームが、経営に行き詰まり、昨年、閉鎖。約30人の入居者が、別の介護施設などへの転居を余儀なくされた。事業者は、一時金を使い果たしており、退去の際、ほとんど返還されなかったと見られる。
 【関連記事】「有料ホームが終の棲み処、「看取り」4割に 2009/11/25 YOMIURI ONLINE」 / 「介護大手、有料老人ホーム増設 ベネッセ、09年度2倍の20施設 2009/ 7/ 3 NIKKEI NET」 / 「ニチイ学館、介護事業を再編 在宅介護など8社を本体に吸収 2009/ 5/19 NIKKEI NET」 / 「ベネッセ、老人ホームの開設を倍増 09年度は20施設に 2009/ 1/25 NIKKEI NET」 / 「コムスンの老人ホーム、ベネッセが買収検討 2007/ 6/12 NIKKEI NET

|

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・子ども手当所得制限、国民新は年収2000万円案に否定的(20091218) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法・「終の棲み処」広がる不安…有料老人ホーム経営難(20091218) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47067029

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法・有料老人ホーム、06年度以降閉鎖65件(20091218):

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・子ども手当所得制限、国民新は年収2000万円案に否定的(20091218) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法・「終の棲み処」広がる不安…有料老人ホーム経営難(20091218) »