« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・厚労省、雇用政策研究会を立ち上げ 新政権下の基本方針策定(20091216) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・公務員改革、事務局長に大島・内閣府副大臣(20091217) »

2009.12.17

【社労士】健康保険法 > 診療報酬改定・病院・診療所の再診料、統一で合意 中医協(20091217)

病院・診療所の再診料、統一で合意 中医協 2009/12/17 asahi.com

 来年度の診療報酬改定を議論する厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)は16日、2回目以降の診察にかかる再診料を統一することで合意した。現行は病院の600円に対して診療所が710円で、開業医に手厚いことが問題視されている。単価については今後、検討する。
 前回の改定時に、勤務医の負担軽減策の財源確保の観点から診療所の再診料引き下げが検討されたが、中医協での発言力が強かった日本医師会の抵抗で見送られた。今回、政権交代でメンバーが入れ替わり、「国民に分かりづらい」との意見が強まって、統一することについては了承された。初診料は2006年度改定で統一されている。
 一方、この日の中医協では、後発医薬品(ジェネリック)の使用を促進する環境整備を進める案も了承された。患者にジェネリックを使用するかどうかの意向を聞くことなどを医師の努力義務とすることが盛り込まれている。
 【関連記事】「4月から診療報酬改定、再診料「5分ルール」 2008/ 3/24 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・厚労省、雇用政策研究会を立ち上げ 新政権下の基本方針策定(20091216) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・公務員改革、事務局長に大島・内閣府副大臣(20091217) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47042596

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 診療報酬改定・病院・診療所の再診料、統一で合意 中医協(20091217):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・厚労省、雇用政策研究会を立ち上げ 新政権下の基本方針策定(20091216) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・公務員改革、事務局長に大島・内閣府副大臣(20091217) »