« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・公務員基本権、15日に報告書(20091209) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 保険料未納問題・厚労省、国民年金の納付率目標「80%」を実質引き下げ(20091209) »

2009.12.10

【社労士】雇用保険法 > 失業給付・雇用保険、遡及期間を「2年超」に延長 厚労省が改正原案(20091209)

雇用保険、遡及期間を「2年超」に延長 厚労省が改正原案 2009/12/ 9 NIKKEI NET

 厚生労働省は9日、雇用保険法改正の原案をまとめた。保険料を納めたにもかかわらず、手続き上の問題で未加入扱いになった人の遡及(そきゅう)期間を現在の「2年まで」から「2年超」に延長する。保険の加入に必要な雇用見込み期間も「6カ月以上」から「31日以上」に短縮する。非正規労働者などを対象に加える狙いがある。
 同日開いた労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)で提示した。審議会が原案を基に年末までに答申をまとめ、年明けの通常国会に改正法案の提出を目指す。
 雇用保険の失業給付は保険料の納付期間に応じて日数が決まる。例えば8年間であれば、解雇などの場合は年齢に応じて120~240日間の給付を受けられる。
 【関連記事】「雇用保険・健保、非正規労働加入しやすく 安心会議報告書原案 2009/ 5/28 NIKKEI NET」 / 「改正雇用保険法成立  2009/ 3/27 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・公務員基本権、15日に報告書(20091209) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 保険料未納問題・厚労省、国民年金の納付率目標「80%」を実質引き下げ(20091209) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46983131

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】雇用保険法 > 失業給付・雇用保険、遡及期間を「2年超」に延長 厚労省が改正原案(20091209):

« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・公務員基本権、15日に報告書(20091209) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 保険料未納問題・厚労省、国民年金の納付率目標「80%」を実質引き下げ(20091209) »