« 【社労士】健康保険法 > 協会けんぽ・協会けんぽ穴埋め、組合健保などが負担へ(20091203) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・入院患者、65歳以上が15年ぶり減 08年93万人、厚労省調査(20091203) »

2009.12.04

【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・後期高齢「患者」、入院・外来とも最多に(20091203)

後期高齢「患者」、入院・外来とも最多に 2009/12/ 3 YOMIURI ONLINE

 厚生労働省は3日、2008年に医療機関にかかった「患者」に関する調査の結果(概況)を発表した。
 後期高齢者医療制度の対象である75歳以上の患者数は、入院が65万2300人(全患者の47%)、外来が159万2300人(23%)でいずれも過去最多だった。
 高齢化の進展で、75歳以上の人口が増加しているのが大きな原因だ。
 都道府県別で病院の全病床の平均入院日数が最も長かったのは徳島県の59・8日、最も短かったのは岐阜県の27・2日だった。全国平均は37・4日だった。
 調査は3年おきに実施している。今回は、入院は08年9月の退院者数と入院日数、外来は同10月の一日の患者数を全国の医療機関から抽出し、それを基に患者数などを推計した。
 【関連記事】「来年度後期医療保険料 13.8%上昇 厚労省が修正 2009/11/21 YOMIURI ONLINE」 / 「後期高齢者医療保険料、平均12%増の見通し 10年度 2009/11/ 9 asahi.com」 / 「後期医療の保険料、1割増と試算 10・11年度 2009/10/26 asahi.com」 / 「後期医療保険料、平均6万2千円に減少 09年度 2009/ 8/19 asahi.com」 / 「後期高齢者医療の保険料、平均6万2000円に減少 09年度 2009/ 8/18 NIKKEI NET」 / 「後期高齢者医療制度、減額措置で保険料7千円減に 2008/11/ 6 YOMIURI ONLINE」 / 「被扶養後期高齢者の保険料、9割軽減を09年度も継続 与党方針 2008/ 7/15 NIKKEI NET」 / 「後期高齢者医療:今年度は暫定 10月以降に増減も 2008/ 6/12 毎日jp」 / 「後期高齢者医療制度の改善策、低所得者の負担軽減など柱に 2008/ 6/12 YOMIURI ONLINE」 / 「後期高齢者医療、保険料今年度85%軽減 与党方針 2008/ 6/ 3 asahi.com」 / 「70~74歳の医療費、来年度も1割負担…与党PT 2008/ 7/15 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】健康保険法 > 協会けんぽ・協会けんぽ穴埋め、組合健保などが負担へ(20091203) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・入院患者、65歳以上が15年ぶり減 08年93万人、厚労省調査(20091203) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46931941

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・後期高齢「患者」、入院・外来とも最多に(20091203):

« 【社労士】健康保険法 > 協会けんぽ・協会けんぽ穴埋め、組合健保などが負担へ(20091203) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・入院患者、65歳以上が15年ぶり減 08年93万人、厚労省調査(20091203) »