« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・「子ども手当」20知事が評価せず…読売調査(20091230) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・都立派遣村、急きょ定員拡充 想定数上回る(20091230) »

2009.12.31

【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・国民年金の事後納付、期間を10年に延長 厚労相方針(20091230)

国民年金の事後納付、期間を10年に延長 厚労相方針 2009/12/30 NIKKEI NET

 長妻昭厚生労働相は国民年金保険料の未納分をさかのぼって払える事後納付の期間を、現在の過去2年間から10年間に延ばす方針だ。未納に気付かず受給額が減ったり、納付期間不足から無年金者となったりする人を救済する。来年の通常国会に国民年金法改正案を提出し、夏の参院選前の法案成立を目指す。
 国民年金は受給資格を得るために25年の加入期間を満たすことが必要で、1カ月でも足りなければ年金は受給できない。期間不足に気付いても2年の事後納付期間を過ぎれば納付できないことが問題となっていた。
 【関連記事】「国民年金保険料:納付期間過去10年分に延長 厚労省方針 2009/12/28 毎日jp」 / 「厚生年金納付特例法が成立、企業が未納の5000人救済へ 2007/12/12 YOMIURI ONLINE」 / 「厚生年金特例法が成立、未納企業の従業員救済 2007/12/12 NIKKEI NET

|

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・「子ども手当」20知事が評価せず…読売調査(20091230) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・都立派遣村、急きょ定員拡充 想定数上回る(20091230) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47164565

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・国民年金の事後納付、期間を10年に延長 厚労相方針(20091230):

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・「子ども手当」20知事が評価せず…読売調査(20091230) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・都立派遣村、急きょ定員拡充 想定数上回る(20091230) »