« 【社労士】労働一般常識 > 労働審判法・労働審判が3年前の3倍、解雇・賃金カット急増で(20091119) | トップページ | 【社労士】雇用保険法 > 失業給付・雇用保険、適用範囲拡大で1500億円の財政負担増 厚労省試算(20091119) »

2009.11.20

【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・公務員改革「議論を尽くして」…江利川人事院総裁(20091119)

公務員改革「議論を尽くして」…江利川人事院総裁 2009/11/19 YOMIURI ONLINE

 江利川毅人事院総裁は19日、就任後初めて記者会見し、政府が目指す国家公務員制度改革について「国会の議論に従うが、制度改革はよく議論を尽くして万全を期すことが大事だ」と述べ、慎重に進めるべきだとの考えを示した。
 民主党は衆院選の政権公約(マニフェスト)で「公務員の労働基本権を回復し、民間と同様、労使交渉で給与を決定する」としている。政府はこれに沿って公務員制度改革を進め、労働基本権制約の代償機能を担う人事院の存廃についても議論を進める方針だが、江利川氏は「今の時点で予断を持って議論したくない」と述べるにとどまった。
 厚生労働次官などを歴任した官僚OBの江利川氏の人事院総裁起用を、自民党などが「天下り人事」と批判していることに関しては「天下りは公務員が出身省庁と関係のある企業、団体に再就職することだ。人事官は公務員でそういう話ではない」と語った。
 【関連記事】「国家公務員の労使交渉、59%が導入に肯定的 内閣府世論調査  2009/10/15 NIKKEI NET」 / 「国家公務員、労使交渉3段階で 政府検討委、人勧制度の廃止前提 2009/10/15 NIKKEI NET」 / 「甘利行革相、「労働協約締結権」検討前倒し要請 2008/12/ 3 NIKKEI NET」 / 「労働協約締結権の対象拡大、行革相「来年早期に結論」 2008/11/27 NIKKEI NET」 / 「公務員に労働協約締結権 「人勧制度」廃止…政府調査会報告 2007/10/19 YOMIURI ONLINE」 / 「公務員に労働協約締結権、政府調査会検討 2007/10/18 NIKKEI NET」 / 「国家公務員:協約締結権を付与 能力主義に対応 政府方針 2007/10/ 6 毎日.jp

|

« 【社労士】労働一般常識 > 労働審判法・労働審判が3年前の3倍、解雇・賃金カット急増で(20091119) | トップページ | 【社労士】雇用保険法 > 失業給付・雇用保険、適用範囲拡大で1500億円の財政負担増 厚労省試算(20091119) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46808737

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・公務員改革「議論を尽くして」…江利川人事院総裁(20091119):

« 【社労士】労働一般常識 > 労働審判法・労働審判が3年前の3倍、解雇・賃金カット急増で(20091119) | トップページ | 【社労士】雇用保険法 > 失業給付・雇用保険、適用範囲拡大で1500億円の財政負担増 厚労省試算(20091119) »