« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・「不育症」治療で8割出産できた 厚労省研究班(20091113) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・社保庁、年金相談を無断で録音 電話問い合わせに(20091113) »

2009.11.13

【社労士】社会一般常識 > 生活保護・「貧困ビジネス」対策待ったなし 無料低額宿泊所で高額徴収(20091113)

「貧困ビジネス」対策待ったなし 無料低額宿泊所で高額徴収 2009/11/13 NIKKEI NET

 住むところを失った生活保護受給者らを受け入れる「無料低額宿泊所」で、入居者が高額な料金を徴収される実態が次々と明るみに出ている。設置や運営に法的な規制がなく、「無料低額」とはいえ費用の上限は決まっておらず、悪質な無届け施設も後を絶たない。新政権は入居者の弱みにつけ込んだ「貧困ビジネス」対策に乗り出したが、具体的な検討はこれからだ。
 今月7日、JR川口駅(埼玉県川口市)前の公共施設に、「宿泊所で高額な利用料を搾取された」という男性約20人が集まった。特定非営利活動法人(NPO法人)「ほっとポット」(さいたま市)のスタッフや弁護士らが約2時間、一人一人の相談を受けた。
 【関連記事】「無料低額宿泊所、来春めどに対策 厚労省のチーム初会合 2009/10/31 NIKKEI NET」 / 「低額宿泊所:悪質なら扶助停止 居室に合わせ支給へ 2009/10/23 毎日jp」 / 「無料宿泊所、439施設1万4089人入居 厚労省、貧困ビジネス調査へ 2009/10/20 NIKKEI NET

|

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・「不育症」治療で8割出産できた 厚労省研究班(20091113) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・社保庁、年金相談を無断で録音 電話問い合わせに(20091113) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46749680

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・「貧困ビジネス」対策待ったなし 無料低額宿泊所で高額徴収(20091113):

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・「不育症」治療で8割出産できた 厚労省研究班(20091113) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・社保庁、年金相談を無断で録音 電話問い合わせに(20091113) »