« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録調査、1件165円で助けて 自治体に交付金(20091112) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・看護師の夜勤、長時間に…「2交代制」4年前の2倍超(20091112) »

2009.11.13

【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定・NTT東の元社員急死、残業ゼロでも労災認定(20091112)

NTT東の元社員急死、残業ゼロでも労災認定 2009/11/12 YOMIURI ONLINE

 NTT東日本の社員だった北海道旭川市の奥村喜勝さん(当時58歳)が心臓病で急死したのは、長期の宿泊研修を強いられた過労が原因であるとして、遺族が国を相手に、労災による補償の不支給決定の取り消しを求めた訴訟の判決が12日、札幌地裁であった。
 橋詰均裁判長は「研修と異動への不安が、大きな肉体的、精神的ストレスとなり、死につながった」として処分の取り消しを命じた。
 訴状によると、奥村さんは心臓病の持病のため、会社は残業や宿泊出張を禁止していたが、2002年1月、職種変更に伴う宿泊研修を2か月以上受けるよう命じられ、一時帰宅していた同年6月9日、心臓病で急死した。
 遺族は03年3月、旭川労働基準監督署に労災と認めるよう申請していたが、監督署側は残業など長時間労働がないことを理由に認定しなかった。
 妻の節子さん(63)は、「夫のような立場の方が救済される道が見えた気持ちだ」と話し、原告代理人の竹中雅史弁護士は、「持病を抱え、残業のない人でも、労災が認められた画期的な判決だ」と評価した。旭川労働基準監督署は、「主張が認められず残念」としている。
 【関連記事】「福岡県職員の自殺、過労との因果関係認定 福岡地裁 2009/10/28 asahi.com」 / 「過労で心の病、最多269人 08年度の労災認定  2009/ 6/ 8 NIKKEI NET」 / 「地方公務員、「心の病」で休職が10年で4倍 07年度調査 2009/ 2/15 NIKKEI NET」 / 「地方公務員に「心の病」急増、背景に職員の負担増 2007/ 8/20 YOMIURI ONLINE」 / 「「心の病」抱える社員が増加、30歳代が6割 2006/ 8/ 6 YOMIURI ONLINE」 / 「心の病気の公務員、職場復帰を支援・人事院 2006/ 5/ 8 NIKKEI NET

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録調査、1件165円で助けて 自治体に交付金(20091112) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・看護師の夜勤、長時間に…「2交代制」4年前の2倍超(20091112) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46749519

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定・NTT東の元社員急死、残業ゼロでも労災認定(20091112):

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録調査、1件165円で助けて 自治体に交付金(20091112) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・看護師の夜勤、長時間に…「2交代制」4年前の2倍超(20091112) »