« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・公務員改革「議論を尽くして」…江利川人事院総裁(20091119) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金・日航の年金減額、厚労相「従来ルールで努力を」(20091119) »

2009.11.20

【社労士】雇用保険法 > 失業給付・雇用保険、適用範囲拡大で1500億円の財政負担増 厚労省試算(20091119)

雇用保険、適用範囲拡大で1500億円の財政負担増 厚労省試算 2009/11/19 NIKKEI NET

 厚生労働省は19日、雇用保険の対象を拡大した場合の財政への影響を試算した。民主党がマニフェスト(政権公約)で掲げた通り、雇用保険の適用基準となる雇用の見込み期間をいまの「6カ月以上」から「31日以上」に緩和すると、労働保険特別会計の収支が年1512億円悪化する。厚労省は年末までに雇用保険法改正案をまとめ、年明けの通常国会に提出する。
 同日開いた労働政策審議会(厚労相の諮問機関)に試算を提出した。適用基準の緩和で新たに255万人が被保険者となる。労働保険特会の収入が年360億円、支出が年1872億円増える。改正法を施行する2010年度については、10年10月から新たな対象者に支給するため、労働保険特会の支出増が半分の936億円になると試算した。
 【関連記事】「雇用保険料率、1.2%に上げ 労使が大筋合意 2009/10/28 NIKKEI NET」 / 「改正雇用保険法成立  2009/ 3/27 NIKKEI NET」 / 「「雇用保険料引き下げやむを得ず」 厚労省が報告書素案  2008/12/17 NIKKEI NET」 / 「雇用保険料率、来年度に限り0・8%へ引き下げ容認…厚労省 2008/12/17 YOMIURI ONLINE」 / 「雇用保険料率下げ、年内に結論 労政審 2008/11/11 NIKKEI NET」 / 「雇用保険料率0.8%に 厚労省が提示 追加経済対策に明記へ 2008/10/29 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・公務員改革「議論を尽くして」…江利川人事院総裁(20091119) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金・日航の年金減額、厚労相「従来ルールで努力を」(20091119) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46808753

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】雇用保険法 > 失業給付・雇用保険、適用範囲拡大で1500億円の財政負担増 厚労省試算(20091119):

« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・公務員改革「議論を尽くして」…江利川人事院総裁(20091119) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金・日航の年金減額、厚労相「従来ルールで努力を」(20091119) »