« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・診療報酬オンライン請求「希望者のみ」を容認 官房長官(20091109) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働組合法・「すき家」のゼンショーに団交応じるよう命令 都労働委(20091109) »

2009.11.10

【社労士】雇用保険法 > 雇用二事業・高齢者就業支援コーナー、全国14拠点を全廃 厚労相方針(20091109)

高齢者就業支援コーナー、全国14拠点を全廃 厚労相方針 2009/11/ 9 NIKKEI NET

 長妻昭厚生労働相は9日、独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構(東京・港)が実施する「高齢期雇用就業支援コーナー」事業を来年3月末までに全廃する方針を明らかにした。同事業は全国に14カ所あり、ハローワークと業務内容が重複しているとの指摘が出ていた。
 支援機構は高齢者や障害者の就職を促す目的で03年10月に設置。同事業は支援機構が各自治体の雇用開発協会に委託して実施しており、現在は東京や神奈川、大阪など14都道府県にある。
 厚労相は「人件費や啓発広報を見直し、業務委託予算を10年度当初要求額の61億円から40億円へと34%減らす」と表明。さらに「第2段階としては支援機構の業務そのものについても見直していく」と一段のスリム化を目指す考えも示した。
 【関連記事】「60歳以上の雇用、6割に拡大 厚労省が企業調査 2009/ 8/20 asahi.com」 / 「65歳まで働ける企業、10年度末めどに5割に 厚労省方針 2009/ 3/30 NIKKEI NET」 / 「「63歳まで働ける企業」の割合増加、96・2%に 2008/10/ 7 YOMIURI ONLINE」 / 「高齢者継続雇用、企業の9割導入・厚労省就労条件調査  2007/10/12 NIKKEI NET」 / 「定年退職者の半数強、企業が再雇用・06年度日経調査 2007/ 7/ 1 NIKKEI NET」 / 「継続雇用制度導入の企業、実際は?…アンケから 2007/ 4/ 6 YOMIURI ONLINE」 / 「高齢者雇用、98%が対策・定年廃止引き上げなど 2007/ 5/28 NIKKEI NET

|

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・診療報酬オンライン請求「希望者のみ」を容認 官房長官(20091109) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働組合法・「すき家」のゼンショーに団交応じるよう命令 都労働委(20091109) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46725128

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】雇用保険法 > 雇用二事業・高齢者就業支援コーナー、全国14拠点を全廃 厚労相方針(20091109):

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・診療報酬オンライン請求「希望者のみ」を容認 官房長官(20091109) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働組合法・「すき家」のゼンショーに団交応じるよう命令 都労働委(20091109) »