« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・子ども手当の地方負担、総務相が官房長官発言に不快感(20091019) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題・日本の「貧困率」15・7%、OECD中4位(20091020) »

2009.10.21

【社労士】社会一般常識 > 生活保護・無料宿泊所、439施設1万4089人入居 厚労省、貧困ビジネス調査へ(20091020)

無料宿泊所、439施設1万4089人入居 厚労省、貧困ビジネス調査へ 2009/10/20 NIKKEI NET

 生活保護の受給者などを対象にした「無料宿泊施設」が6月末時点で全国に439施設あり、入居者が1万4089人に上ることが20日、厚生労働省の調査で分かった。法的な位置づけのない無届け施設も1437施設あった。
 入居者の生活保護費を不正に得る行為が一部では横行しているとされ、同省はこうした「貧困ビジネス」について調査を進め、法規制も含めて対策を検討する。
 調査結果によると、今年6月末時点で社会福祉法に基づく無料低額宿泊施設439施設の入居者のうち1万2894人が生活保護受給者だった。
 【関連記事】「派遣村実行委、厚労省に「シェルター」の増設要望 2009/ 1/19 YOMIURI ONLINE」 / 「派遣村の170人、別の施設に引っ越し 2009/ 1/12 YOMIURI ONLINE」 / 「「派遣村」実行委、12日以降250人分の宿泊場所確保 2009/ 1/ 9 asahi.com」 / 「厚労省、公務員宿舎200戸を貸し出し 2009/ 1/ 9 NIKKEI NET

|

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・子ども手当の地方負担、総務相が官房長官発言に不快感(20091019) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題・日本の「貧困率」15・7%、OECD中4位(20091020) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46541925

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・無料宿泊所、439施設1万4089人入居 厚労省、貧困ビジネス調査へ(20091020):

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・子ども手当の地方負担、総務相が官房長官発言に不快感(20091019) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題・日本の「貧困率」15・7%、OECD中4位(20091020) »