« 【社労士】健康保険法 > 協会けんぽ・協会けんぽ、国庫補助引き上げを検討 厚労省(20091007) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 外国人労働者・「働き続けたい」ベトナム人看護師に期限「7年」(20091007) »

2009.10.07

【社労士】健康保険法 > 医療費抑制・後発薬大手、商品絞り込み 沢井35品目・東和24品目削減(20091007)

後発薬大手、商品絞り込み 沢井35品目・東和24品目削減 2009/10/ 7 NIKKEI NET

 後発医薬品メーカーが扱い品目の絞り込みに動き始めた。最大手の沢井製薬は消化性かいよう薬など35品目の販売を中止、東和薬品も24品目の販売を取りやめる。厚生労働省が後発薬にも新薬と同様に複数の用量(1回に服用する分量)の品ぞろえを求める通達を出したのが背景。後発薬メーカーは売れ筋の大型薬に経営資源を集中させることで収益力を高める考えだ。
 後発薬は特許切れの新薬と同じ有効成分で造る。新薬メーカーは患者の症状などに合わせて医師が使いやすいよう、同じ錠剤でも10ミリグラム、20ミリグラムなど複数の用量をそろえる。ただ実際は処方が1種類に集中しがちで後発薬各社はその用量に絞って製品を造り、収益を確保してきた。
 【関連記事】「後発医薬品の比率、08年金額ベースで7.2%どまり 厚労省調査 2009/ 6/25 NIKKEI NET」 / 「協会けんぽ、後発薬切り替えでの負担軽減額通知 まず広島で  2009/ 5/20 NIKKEI NET」 / 「後発医薬品への移行6%どまり 医療費抑制策進まず 2009/ 3/25 asahi.com」 / 「後発薬の普及へ、国立病院が模範 厚労省、使用状況の公表要請  2009/ 2/ 2 NIKKEI NET」 / 「後発薬の売上高、07年度は4258億円 業界団体調べ 2008/12/ 3 NIKKEI NET」 / 「後発薬、一斉に増産 7社合計、09年2倍超 2008/ 8/21 NIKKEI NET」 / 「後発薬使用を原則に、処方せん様式再変更・厚労省方針 2007/11/ 8 NIKKEI NET」 / 「厚労省、薬の処方せん書式変更・後発薬を標準に 2007/ 8/ 5 NIKKEI NET」 / 「ジェネリック医薬品優先使用、厚労省が処方せん様式変更へ 2007/ 4/22 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】健康保険法 > 協会けんぽ・協会けんぽ、国庫補助引き上げを検討 厚労省(20091007) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 外国人労働者・「働き続けたい」ベトナム人看護師に期限「7年」(20091007) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46418685

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制・後発薬大手、商品絞り込み 沢井35品目・東和24品目削減(20091007):

« 【社労士】健康保険法 > 協会けんぽ・協会けんぽ、国庫補助引き上げを検討 厚労省(20091007) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 外国人労働者・「働き続けたい」ベトナム人看護師に期限「7年」(20091007) »