« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録照合、11年度までに6万人投入へ 厚労相方針(20091025) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・後期医療の保険料、1割増と試算 10・11年度(20091026) »

2009.10.26

【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金・日航への公的支援、年金改革が前提 藤井財務相(20091025)

日航への公的支援、年金改革が前提 藤井財務相 2009/10/25 NIKKEI NET

 藤井裕久財務相は25日、日本航空への公的支援に関して「世間の良識ある方に応えられることをしなければだめだ。前原誠司国土交通相もよく分かっている」と述べた。公的資金が日航の企業年金の積み立て不足解消に使われることへの批判が根強いため、年金の抜本改革が支援の前提になるとの考えを示した。都内で記者団に語った。
 財務相は同日のフジテレビの番組では「過去にこれだけのことをしてしまった経営者の責任がないと言ったら、世論の支持は絶対に得られない」と述べ、経営責任の明確化が必要になるとの立場を強調した。
 【関連記事】「企業年金一時払い導入で債務圧縮…JAL再建策 2009/10/21 YOMIURI ONLINE」 / 「日航、年金減額で新案 OBの同意手続き不要 2009/ 9/17 NIKKEI NET」 / 「日航の年金減額、「企業の判断で」 厚労相 2009/ 7/10 NIKKEI NET

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録照合、11年度までに6万人投入へ 厚労相方針(20091025) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・後期医療の保険料、1割増と試算 10・11年度(20091026) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46586178

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金・日航への公的支援、年金改革が前提 藤井財務相(20091025):

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録照合、11年度までに6万人投入へ 厚労相方針(20091025) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・後期医療の保険料、1割増と試算 10・11年度(20091026) »