« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録、郵貯ATMで確認 政府、「年金通帳」の活用検討(20091024) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 社会保険庁改革・社保庁の懲戒職員、年金機構に採用せず 厚労相意向(20091024) »

2009.10.25

【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金8.5億件、4年で照合 社保庁、延べ7万人投入(20091024)

年金8.5億件、4年で照合 社保庁、延べ7万人投入 2009/10/24 asahi.com

 年金記録問題の解決に向け、社会保険庁は23日、原簿の紙台帳記録8億5千万件とコンピューター上の記録を、10年度から4年間で全件照合すると公表した。最初の2年間で集中的に取り組むこととしており、2年目には約5万人を投入する方針だ。
 社保庁は10年度予算で、照合作業用に789億円を概算要求している。内訳は、アルバイトや派遣社員も含めた人件費が145億円、作業が集中する11年度に向けたコンピューター端末の購入費やシステム増強費が643億円。
 紙台帳を画像ファイル化し、基礎年金番号で検索できる仕組みが、今年度中に完成する予定で、この仕組みを使って来年の秋から本格的な照合作業に入る。同一の基礎年金番号を持つ画像ファイルとコンピューター記録が一致しているか、ひとつひとつ目視で確認するため、大量の人員が必要になる。10年度は約7千人で4250万件を照合、11年度は約5万人で5億5250万件を照合する予定。4年間で、延べ7万人の投入を見込む。
 8億5千万件の紙台帳は、オンライン化される前の国民年金や厚生年金の記録。社会保険庁の調査で、厚生年金の紙台帳をコンピューターに入力する際のミスなどが約560万件あると推計されており、受給漏れにつながっている可能性がある。
 【関連記事】「年金記録問題、2年で照合完了…厚労相方針 2009/10/14 YOMIURI ONLINE」 / 「年金全8.5億件、4年で照合 厚労相方針 6万人投入 2009/10/11 asahi.com」 / 「厚労相、年金記録対策で2000億円要求へ 10年度予算 2009/10/ 7 NIKKEI NET」 / 「年金問題、厚労相直属チーム発足へ 2009/10/ 5 asahi.com」 / 「年金記録問題「年内をめどに解決する」 首相 2009/ 8/18 NIKKEI NET」 / 「年金問題解決「来年末メド」 自民がマニフェスト最終案 2009/ 7/30 NIKKEI NET」 / 「厚労相、年金記録問題「10年末までに解決メド」 2009/ 7/28 NIKKEI NET」 / 「年金記録回復のスピードに地域差、山形と東京で2倍強 2009/ 7/22 NIKKEI NET」 / 「民主、年金返納免除の法案を提出 2009/ 7/ 3 NIKKEI NET」 / 「共済年金2万人に記録漏れ、600人が年金額変更 2009/ 4/14 YOMIURI ONLINE」 / 「持ち主不明年金記録51万件に受給資格あり…総務省推計 2009/ 4/ 8 YOMIURI ONLINE」 / 「「無年金状態から受給権回復」5か月で62人、さらに増加か 2008/12/26 YOMIURI ONLINE」 / 「年金記録回復、1千万円以上4人 最高は1622万円 2008/11/18 asahi.com」 / 「年金問題:無年金者の受給権回復、2カ月間で35人 最高額は186万円 2008/ 9/18 毎日jp

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録、郵貯ATMで確認 政府、「年金通帳」の活用検討(20091024) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 社会保険庁改革・社保庁の懲戒職員、年金機構に採用せず 厚労相意向(20091024) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46578340

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金8.5億件、4年で照合 社保庁、延べ7万人投入(20091024):

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録、郵貯ATMで確認 政府、「年金通帳」の活用検討(20091024) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 社会保険庁改革・社保庁の懲戒職員、年金機構に採用せず 厚労相意向(20091024) »