« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・福利厚生代行各社、「婚活」などサービス拡充(20091006) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題・「貧困率」調査に着手…厚労相、実態把握へ(20091006) »

2009.10.07

【社労士】雇用保険法 > 雇用三事業・就職支援基金の職業訓練は継続、恒久化へ(20091006)

就職支援基金の職業訓練は継続、恒久化へ 2009/10/ 6 YOMIURI ONLINE

 長妻厚生労働相は6日、2009年度補正予算の「緊急人材育成・就職支援基金」(7000億円)のうち、生活支援金を受けながら職業訓練ができる求職者支援事業を10年度も引き続き実施し、その上で同様の事業を11年度から恒久化する方針を表明した。
 恒久化のための求職者支援法案は、早ければ来年1月の通常国会に提出する。
 民主党は衆院選前から、同基金の事業運営を委託された中央職業能力開発協会を「厚労省の天下り機関」だとして問題視し、基金の凍結を主張していた。
 ただ、求職者支援事業は訓練受講者(受講予定者を含む)が9月29日現在で6784人に上り、8月の完全失業率は過去2番目に悪い5・5%だった。連立3党の合意にも求職者支援の実施が盛り込まれたことから、基金の半額の3466億円を凍結の範囲外とし、10年度まで存続することとした。厚労相は「10年度は『つなぎ』的に基金の使い勝手をよくして存続する」と述べ、委託先の再検討も含め、基金の運用に改善を施す考えを強調した。
 【関連記事】「「凍結」失業対策基金、天下り先に7千億委託 2009/ 9/11 YOMIURI ONLINE」 / 「厚労省、緊急人材育成支援事業を雇用機構に当面委託  2009/ 6/30 NIKKEI NET」 / 「職業訓練、30万人に生活費 厚労省、非正規社員など雇用安全網 2009/ 6/ 3 NIKKEI NET」 / 「失業者に住宅手当6か月間、政府が支給決定 2009/ 4/22 YOMIURI ONLINE」 / 「労金の就職安定資金融資、累計6476件に 2009/ 4/17 NIKKEI NET」 / 「「派遣切り」支援融資、1カ月で700人に4億円 2009/ 1/23 asahi.com」 / 「失職し住居もなくした人に融資 労金が22日から 2008/12/19 NIKKEI NET」 / 「派遣切り後も住宅提供→1人月4万~6万円、企業助成へ 2008/12/19 YOMIURI ONLINE」 / 「解雇された派遣社員らに住宅提供、県営では全国初…神奈川 2008/12/18 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・福利厚生代行各社、「婚活」などサービス拡充(20091006) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題・「貧困率」調査に着手…厚労相、実態把握へ(20091006) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46418594

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】雇用保険法 > 雇用三事業・就職支援基金の職業訓練は継続、恒久化へ(20091006):

« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・福利厚生代行各社、「婚活」などサービス拡充(20091006) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題・「貧困率」調査に着手…厚労相、実態把握へ(20091006) »