« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・政府、雇用対策本部を設置へ 首相が表明(20091005) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 障害者自立支援法・障害者自立支援法:虐待児保護へ新基準 公費入所拡大--年内にも(20091006) »

2009.10.06

【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金問題、厚労相直属チーム発足へ(20091005)

年金問題、厚労相直属チーム発足へ 2009/10/ 5 asahi.com

 長妻昭厚生労働相は、年金記録問題への具体的な対応策を検討するため、厚労相直属の作業チームを週内にも立ち上げる方針を固めた。外部有識者や省内から人選を進めている。民主党はマニフェスト(政権公約)で、10年度からの2年間を記録問題への集中対応期間と定めており、この作業チームで詳細を詰める。
 年金記録問題について、長妻氏は就任直後の記者会見で「2年間でヒト、モノ、カネを集中的に投下して、国家プロジェクトとして取り組んでいく」と強調。すでに作業チームの立ち上げ準備を指示した。
 マニフェストでは「年金記録被害者への迅速な補償のため、一定の基準の下で『一括補償』を実施」と明記。記録訂正手続きの簡略化や紙台帳の記録8億5千万件とコンピューター上の記録の全件照合を打ち出し、年2千億円程度の経費を見込んでいる。
 作業チームでは、こうした内容を具体化させる。中でも焦点は、保険料を納めた証拠がない「消えた年金記録」の扱いだ。消えた記録の救済を求める申し立ては総務省に設置されている年金記録確認第三者委員会が扱っているが、これまで記録回復が認められたものは申し立ての4割程度にとどまる。被害者救済を拡大するためには、申し立て内容が「一応確からしい」という現在の認定基準を緩める必要があり、作業チームで検討を進めることになる。
 また、長妻氏は作業チームを通じて記録問題の実態解明も進めることも検討。さらに再発防止策なども取りまとめ、年金に対する信頼回復につなげたい考えだ。
 【関連記事】「年金記録問題「年内をめどに解決する」 首相 2009/ 8/18 NIKKEI NET」 / 「年金問題解決「来年末メド」 自民がマニフェスト最終案 2009/ 7/30 NIKKEI NET」 / 「厚労相、年金記録問題「10年末までに解決メド」 2009/ 7/28 NIKKEI NET」 / 「年金記録回復のスピードに地域差、山形と東京で2倍強 2009/ 7/22 NIKKEI NET」 / 「民主、年金返納免除の法案を提出 2009/ 7/ 3 NIKKEI NET」 / 「共済年金2万人に記録漏れ、600人が年金額変更 2009/ 4/14 YOMIURI ONLINE」 / 「持ち主不明年金記録51万件に受給資格あり…総務省推計 2009/ 4/ 8 YOMIURI ONLINE」 / 「「無年金状態から受給権回復」5か月で62人、さらに増加か 2008/12/26 YOMIURI ONLINE」 / 「年金記録回復、1千万円以上4人 最高は1622万円 2008/11/18 asahi.com」 / 「年金問題:無年金者の受給権回復、2カ月間で35人 最高額は186万円 2008/ 9/18 毎日jp」 / 「年金加入記録から共済年金の記載消える 社保庁が改善へ 2008/ 5/ 7 asahi.com」 / 「無年金者に受給漏れ注意喚起・社保庁、確認の手紙送付へ 2008/ 2/ 4 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・政府、雇用対策本部を設置へ 首相が表明(20091005) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 障害者自立支援法・障害者自立支援法:虐待児保護へ新基準 公費入所拡大--年内にも(20091006) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46410102

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金問題、厚労相直属チーム発足へ(20091005):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・政府、雇用対策本部を設置へ 首相が表明(20091005) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 障害者自立支援法・障害者自立支援法:虐待児保護へ新基準 公費入所拡大--年内にも(20091006) »