« 【社労士】労働一般常識 > 失業率・失業率、「6%台へ上昇」の指摘も 労働市場、予断許さず(20091002) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 失業率・失業率微減5.5%、求人は横ばい0.42倍 8月(20091002) »

2009.10.02

【社労士】労働一般常識 > 失業率・8月の失業率、7カ月ぶり低下 求人倍率最悪続く(20091002)

8月の失業率、7カ月ぶり低下 求人倍率最悪続く 2009/10/ 2 NIKKEI NET

 総務省が2日発表した8月の完全失業率(季節調整値)は5.5%と過去最悪だった前月に比べ、0.2ポイント低下した。失業率の低下は7カ月ぶり。昨秋のリーマン・ショック以降の急激な雇用悪化にひとまず、歯止めがかかった格好だが、失業率の水準はなお過去最悪圏にある。厚生労働省が同日発表した8月の有効求人倍率(同)も0.42倍と前月と変わらず、2カ月連続で過去最低を記録、企業は採用に消極的だ。雇用の先行きには、なお慎重な見方が多い。
 完全失業率は15歳以上の働く意欲のある人のうち、職に就いていない人の割合。男女別にみると、男性は5.8%、女性は5.0%だった。
 就業者数は6296万人で、前年同月に比べ109万人減った。完全失業者数は361万人と同89万人増えた。ただ前月との比較では就業者の減少幅、失業者の増加幅がともに縮小。特に医療、福祉分野の就業者が前年同月比40万人増えたことなどが影響し、失業率の改善につながった。一方、製造業は112万人減と大幅なマイナスが続いており、足元の雇用環境は業種別にばらつきがみられる。
 【関連記事】「失業率、「6%台へ上昇」の指摘も 労働市場、予断許さず 2009/10/ 2 NIKKEI NET」 / 「8月の完全失業率5.5% 前月比0.2ポイント低下 2009/10/ 2 NIKKEI NET」 / 「7月失業率、過去最悪の5.7% 有効求人倍率も最低 2009/ 8/28 asahi.com」 / 「失業率悪化、5.4% 有効求人倍率は最低の0.43倍 2009/ 7/31 asahi.com」 / 「5月の失業率、5.2%に悪化 有効求人倍率、最低の0.44倍 2009/ 6/30 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 失業率・失業率、「6%台へ上昇」の指摘も 労働市場、予断許さず(20091002) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 失業率・失業率微減5.5%、求人は横ばい0.42倍 8月(20091002) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46371572

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 失業率・8月の失業率、7カ月ぶり低下 求人倍率最悪続く(20091002):

« 【社労士】労働一般常識 > 失業率・失業率、「6%台へ上昇」の指摘も 労働市場、予断許さず(20091002) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 失業率・失業率微減5.5%、求人は横ばい0.42倍 8月(20091002) »