« 【社労士】労働一般常識 > 失業率・8月の完全失業率5.5% 前月比0.2ポイント低下(20091002) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 失業率・8月の失業率、7カ月ぶり低下 求人倍率最悪続く(20091002) »

2009.10.02

【社労士】労働一般常識 > 失業率・失業率、「6%台へ上昇」の指摘も 労働市場、予断許さず(20091002)

失業率、「6%台へ上昇」の指摘も 労働市場、予断許さず 2009/10/ 2 NIKKEI NET

 8月の完全失業率は前月比0.2ポイント低下の5.5%と、7カ月ぶりに低下した。国内景気は持ち直しに向かっており、雇用悪化にもようやく歯止めがかかったとの見方もできる。ただ先行指標である新規求人数は前月より1.1%減っており、労働市場は簡単には好転しそうにない。失業率の低下は一時的で、再び6%台に向けて上昇するとの指摘が多い。
 新規求人数の悪化は3カ月ぶり。求人数が増えなければあふれた雇用は吸収されず、失業率が高止まりする恐れがある。昨年秋以降は生産が急激に落ち込んだ製造業からの離職者が増え、それを小売業やサービス業などが少しずつ吸収してきた。しかし収入減で個人消費は弱含んでおり、内需型産業も人員を絞り込み始めている。
 前回の雇用悪化局面では、失業率は2002年6月に過去最悪の5.5%に達したあと一進一退が続き、安定的に下がり始めるまで1年ほどかかった。雇用調整には時間がかかるため、当面は悪化懸念がぬぐえそうにない。
 【関連記事】「8月の完全失業率5.5% 前月比0.2ポイント低下 2009/10/ 2 NIKKEI NET」 / 「7月失業率、過去最悪の5.7% 有効求人倍率も最低 2009/ 8/28 asahi.com」 / 「失業率悪化、5.4% 有効求人倍率は最低の0.43倍 2009/ 7/31 asahi.com」 / 「5月の失業率、5.2%に悪化 有効求人倍率、最低の0.44倍 2009/ 6/30 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 失業率・8月の完全失業率5.5% 前月比0.2ポイント低下(20091002) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 失業率・8月の失業率、7カ月ぶり低下 求人倍率最悪続く(20091002) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46371512

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 失業率・失業率、「6%台へ上昇」の指摘も 労働市場、予断許さず(20091002):

« 【社労士】労働一般常識 > 失業率・8月の完全失業率5.5% 前月比0.2ポイント低下(20091002) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 失業率・8月の失業率、7カ月ぶり低下 求人倍率最悪続く(20091002) »