« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金記録改ざん・年金改ざん、非公表の文書開示 長妻厚労相の指示受け(20091002) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 失業率・8月の完全失業率5.5% 前月比0.2ポイント低下(20091002) »

2009.10.02

【社労士】労働者災害補償保険法 > アスベスト災害・室内に石綿、死亡 遺族が提訴へ 神戸のマンション(20091002)

室内に石綿、死亡 遺族が提訴へ 神戸のマンション 2009/10/ 2 asahi.com

 神戸市内のマンションで3年前、住人の女性(当時67)が悪性がんの中皮腫で死亡したのは、室内に吹き付けられていた断熱用のアスベスト(石綿)が原因だったとして、遺族側が1日、マンション販売会社などに損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こすことを決めた。弁護団は「石綿の危険が身近にあることを示す事例。販売会社は過去にさかのぼって調査すべきだ」と訴えている。
 遺族側の代理人によると、女性は夫と77年にマンションの一室を購入。05年ごろから息苦しさを訴え、06年3月に入院した。4カ月後に死亡し、中皮腫と診断された。
 解剖の結果、肺と腹部から白石綿や毒性が強い青、茶石綿を検出。自宅近くに石綿工場などはなく、遺族が自宅の建材に疑いを抱いて調査したところ、台所わきのボイラー室の壁やボイラー本体に白、青、茶の石綿が使われていたことが確認できた。
 ボイラーは入居半年後から、点火時に小さな爆発音と風が起きていたという。遺族は「石綿が爆風で劣化し、室内で舞ったのを吸い込んだのが原因」と主張。このマンションは現存しており、全18戸にボイラー室があったが、ボイラーも吹き付け石綿も08年までに撤去された。
 環境省によると、住居内の石綿が原因で死亡したとされる例は極めて珍しいという。
 NPO法人全国マンション管理組合連合会(京都市)の谷垣千秋事務局長は「給湯用のガス機器が小型化して遠隔操作できるようになる80年代までは、室内にボイラーを置いた例は多かった。防火用に石綿を吹き付けたこともあったはずだ」と指摘。大阪じん肺アスベスト弁護団の長野真一郎弁護士は「マンション販売会社はきちんと調査し、石綿を使用していれば住人にも知らせるべきだ」と話す。
 ただ、マンション建設大手は「一戸ごとにボイラー室を設け、機器周辺にまで石綿を吹き付けたりする工法は一般的ではなく、特殊な事例ではないか」。このマンションを販売した会社(大阪市)は「記録が残っておらず実態は把握できないが、何十棟も売ったことはないはずだ」としている。
 遺族は販売会社など4社に計約9千万円の損害賠償を求め11月にも提訴する方針だ。
 【関連記事】「石綿健康被害、家族は認めず 高松地裁判決 2009/ 9/14 NIKKEI NET」 / 「「石綿」健康被害の4割、吸引経緯が不明…工場周辺巻き込む? 2009/ 6/18 YOMIURI ONLINE」 / 「石綿飛散の恐れ、病院など128施設 日常利用の場所も 2009/ 3/30 asahi.com」 / 「石綿労災認定事業所、住所を追加公表 厚労省 2008/12/17 NIKKEI NET」 / 「アスベスト労災、勤務先883事業所公表 2008/10/31 YOMIURI ONLINE」 / 「労災認定事業所160カ所を追加公表 厚労省、石綿被害で 2008/ 6/13 NIKKEI NET」 / 「石綿労災認定、新たに2167事業所・厚労省公表  2008/ 3/28 NIKKEI NET

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金記録改ざん・年金改ざん、非公表の文書開示 長妻厚労相の指示受け(20091002) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 失業率・8月の完全失業率5.5% 前月比0.2ポイント低下(20091002) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46368615

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働者災害補償保険法 > アスベスト災害・室内に石綿、死亡 遺族が提訴へ 神戸のマンション(20091002):

« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金記録改ざん・年金改ざん、非公表の文書開示 長妻厚労相の指示受け(20091002) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 失業率・8月の完全失業率5.5% 前月比0.2ポイント低下(20091002) »