« 【社労士】労働一般常識 > 失業率・8月の失業率、7カ月ぶり低下 求人倍率最悪続く(20091002) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 障害者自立支援法・障害者自立支援法 3次提訴(20091002) »

2009.10.02

【社労士】労働一般常識 > 失業率・失業率微減5.5%、求人は横ばい0.42倍 8月(20091002)

失業率微減5.5%、求人は横ばい0.42倍 8月 2009/10/ 2 asahi.com

 総務省が2日発表した労働力調査によると、8月の完全失業率(季節調整値)は5.5%となり、過去最悪だった前月から0.2ポイント改善した。厚生労働省が同日発表した8月の有効求人倍率(同)は、過去最低だった前月と同じ0.42倍だった。厚労省は雇用情勢について「さらに厳しさを増している」との前月の判断を変えなかった。
 見かけ上は一服感が漂う数字だが雇用の過剰感は強く、長妻昭厚生労働相は「数字上は少し良くなったイメージだが戦後最悪の状況に変わりはない。政策を総動員して対応していきたい」と語った。
 完全失業率は15歳以上の働く意欲がある人のうち、職がなく求職活動をしている人の割合。1月の4.1%から、過去に例のない速さで悪化し続けていたが、7カ月ぶりに改善に転じた。男性は前月より0.3ポイント低い5.8%、女性は0.1ポイント低い5.0%。
 完全失業者は前年同月より89万人多い361万人。前月の103万人増と比べると増え幅は縮小したものの、依然として、過去最多だった03年4月の385万人に近い水準で推移している。理由別では、勤め先の都合が同61万人増の124万人と大きく増えた。自己都合は4万人増の111万人だった。
 有効求人倍率は、ハローワークで仕事を探す人1人に対し、何件の求人があるかを示す。過去最低だった前月と同じ数字ながら、15カ月ぶりに悪化に歯止めがかかった。
 正社員の有効求人倍率は0.25倍。雇用情勢の先行きを示す新規求人倍率は0.76倍で、前月を0.01ポイント下回っている。
 昨年10月から今年12月までに解雇や雇い止めで職を失う非正社員は23万9千人で、派遣が14万2千人とおよそ6割を占める。同じ期間に失職する正社員は、100人以上の離職事例の集計だけで4万8千人だった。
 【関連記事】「8月の失業率、7カ月ぶり低下 求人倍率最悪続く 2009/10/ 2 NIKKEI NET」 / 「失業率、「6%台へ上昇」の指摘も 労働市場、予断許さず 2009/10/ 2 NIKKEI NET」 / 「8月の完全失業率5.5% 前月比0.2ポイント低下 2009/10/ 2 NIKKEI NET」 / 「7月失業率、過去最悪の5.7% 有効求人倍率も最低 2009/ 8/28 asahi.com」 / 「失業率悪化、5.4% 有効求人倍率は最低の0.43倍 2009/ 7/31 asahi.com」 / 「5月の失業率、5.2%に悪化 有効求人倍率、最低の0.44倍 2009/ 6/30 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 失業率・8月の失業率、7カ月ぶり低下 求人倍率最悪続く(20091002) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 障害者自立支援法・障害者自立支援法 3次提訴(20091002) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46371734

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 失業率・失業率微減5.5%、求人は横ばい0.42倍 8月(20091002):

« 【社労士】労働一般常識 > 失業率・8月の失業率、7カ月ぶり低下 求人倍率最悪続く(20091002) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 障害者自立支援法・障害者自立支援法 3次提訴(20091002) »