« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・イー・アクセス、社員研修科目3年で3倍に(20090907) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・医学部進学、自治体が支援 医師不足解消に一役(20090907) »

2009.09.08

【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・待機児童の増加率、過去最悪29%…不況影響か(20090907)

待機児童の増加率、過去最悪29%…不況影響か 2009/ 9/ 7 YOMIURI ONLINE

 厚生労働省は7日、認可保育所に申し込みながら満員で入ることができない「待機児童」が、今年4月1日現在、全国で前年同期比5834人増、29・8%増の2万5384人になっていると発表した。
 前年に続き2年連続の増加で、増加率は過去最高。同省では「働く女性が増えたことに加え、不況の影響で共働きが多くなり、保育所の需要が増えたことが背景にあるのではないか」と推測している。
 都道府県別では、東京が最多の7939人、次いで神奈川が3245人、沖縄が1888人、大阪が1724人、埼玉が1509人など。富山、石川、福井、山梨、長野、鳥取、香川、佐賀、宮崎は0人だった。
 市区町村別では、横浜市が最も多く1290人、次いで川崎市が713人、仙台市が620人、東京都世田谷区が613人、大阪市が608人だった。
 全国の保育所数は2万2925か所で、定員は213万2081人と利用児童数の204万974人を上回っているが、地域ごとに需要と供給のアンバランスが生じており、都市部での待機児童が目立った。
 【関連記事】「学童保育、80万人超す 5月時点、待機も9000人超 2009/ 6/23 NIKKEI NET」 / 「保育サービス利用100万人増、政府が新待機児童ゼロ作戦  2008/ 2/27 NIKKEI NET」 / 「保育・放課後クラブの待機児童、10年後ゼロに 2008/ 2/27 YOMIURI ONLINE」 / 「「保育ママ」法制化へ、待機児童解消に国が基準 2007/12/26 YOMIURI ONLINE」 / 「学童保育、1施設当たり上限70人…厚労省指針 2007/10/14 YOMIURI ONLINE」 / 「学童保育、673カ所増え1万5857カ所に・厚労省 2006/ 8/15 NIKKEI NET」 / 「認可保育所の待機児童、2万人切る 厚労省まとめ 2006/ 9/15 asahi.com」 / 「認可保育所、児童数が定員3%上回る・厚労省調査 2005/12/14 NIKKEI NET」 / 「「子ども庁」政府検討へ 2008/ 2/22 YOMIURI ONLINE」 / 「幼稚園・保育所、一体化を推進・諮問会議成長戦略原案  2008/ 2/15 NIKKEI NET」 / 「幼・保一元化、文科省が「こども園」認定指針を策定 2006/ 8/ 1 YOMIURI ONLINE」 / 「2歳児入園の「幼稚園特区」など6特区を全国展開 2006/ 7/31 NIKKEI NET」 / 「2歳から入れます「幼稚園特区」来年度から全国展開へ 2006/ 6/27 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・イー・アクセス、社員研修科目3年で3倍に(20090907) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・医学部進学、自治体が支援 医師不足解消に一役(20090907) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46152616

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・待機児童の増加率、過去最悪29%…不況影響か(20090907):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・イー・アクセス、社員研修科目3年で3倍に(20090907) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・医学部進学、自治体が支援 医師不足解消に一役(20090907) »