« 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題・ボーナス減が影響、7月の税収26・8%減(20090901) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題・最低賃金10円増の平均713円 民主目標と隔たり(20090902) »

2009.09.02

【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・中途退職者の年金未払い143万人、98万人は住所不明(20090902)

中途退職者の年金未払い143万人、98万人は住所不明 2009/ 9/ 2 asahi.com

 企業年金連合会は1日、厚生年金基金の未払いが、今年3月末時点で143万人分、累積で1588億円に上ると発表した。このうち98万人は住所が分からず、受給手続きのための書類が送れなかったという。
 会社の倒産などで厚生年金基金が解散した時や、短期間働いて転職した時などに、連合会が年金資産を引き取って運用し、受給年齢に達してから支給する。受給するには本人による請求が必要だが、書類が本人の手元に届かず未払いにつながるケースがあるという。多くが勤続10年未満の中途退職者とみられる。
 中途退職者の未払い年金の平均額は1万8千円。勤続1カ月以上から受給できるため1万円未満が約89万人で65.5%を占めるが、20万円以上の人も約1万2千人いる。
 書類が届いたのに請求手続きをしていない人も45万人いる。現在60歳代前半で公的年金の請求に合わせて請求しようと考えている人も多いとみられる。年金が5千円未満など少額の場合もあるという。
 連合会は社会保険庁の厚生年金の加入者リストと照合して住所を調べるなど解消を進めている。
 【関連記事】「企業年金未払い、147万人に増加 連合会3月末時点 2008/ 8/29 NIKKEI NET」 / 「企業年金連合会 未払い解消は1割 3カ月の作業難渋 2007/12/28 asahi.com」 / 「企業年金不払い124万人、該当者判明は1% 2007/10/25 NIKKEI NET」 / 「企業年金連、98年に未払い報告 旧厚生省、対応せず 2007/ 9/12 asahi.com」 / 「企業年金連合会に報告義務化へ 未払いで舛添厚労相 2007/ 9/ 6 asahi.com」 / 「企業年金連合会、124万人分未払い 計1544億円 2007/ 9/ 5 asahi.com」 / 「企業年金、多数申告漏れ 書類2割、本人に届かず 2007/ 8/31 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題・ボーナス減が影響、7月の税収26・8%減(20090901) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題・最低賃金10円増の平均713円 民主目標と隔たり(20090902) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46095848

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・中途退職者の年金未払い143万人、98万人は住所不明(20090902):

« 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題・ボーナス減が影響、7月の税収26・8%減(20090901) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題・最低賃金10円増の平均713円 民主目標と隔たり(20090902) »