« 【社労士】労働一般常識 > 毎月勤労統計・製造業の残業時間、減少率やや縮小 7月統計(20090831) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題・最低賃金据え置きに反し、33県がアップ答申(20090901) »

2009.09.01

【社労士】労働者災害補償保険法 > アスベスト災害・アスベスト:石綿死、店貸主に責任 近鉄に5000万円賠償命令--大阪地裁(20090901)

アスベスト:石綿死、店貸主に責任 近鉄に5000万円賠償命令--大阪地裁 2009/ 9/ 1 毎日.jp

 大阪府内の鉄道高架下の貸店舗で文具店長をしていた男性(当時70歳)が、アスベスト(石綿)関連がんの中皮腫にかかり死亡したのは壁に吹き付けられた石綿を吸ったためだとして、遺族4人が所有店舗を管理していた近畿日本鉄道(大阪市)などに対し、慰謝料など約7300万円の賠償を求めた訴訟の判決が31日、大阪地裁であった。徳岡由美子裁判長は「危険な石綿を使用した貸店舗には瑕疵(かし)があり、近鉄は管理上の責任を負う」として、近鉄に約5000万円の賠償を命じた。
 原告弁護団によると、石綿被害訴訟で吹き付け石綿による被害に賠償を認めたのは初めて。
 建物を貸した側にも賠償責任が生じる場合があるとの初判断でもあり、企業に石綿調査を促すなどの影響がありそうだ。
 判決によると、近鉄側は69年、店舗周辺を高架化した際、店舗2階の倉庫の壁に、石綿の中で最も毒性の強い青石綿を吹き付けた。店舗は賃貸され、男性は70年から就労。02年に中皮腫と診断され、04年7月に死亡した。
 徳岡裁判長は、石綿濃度検査などをもとに「原因は吹き付け石綿と推認できる。店舗では石綿が棚に降り積もり、電車の振動で飛散するなどの危険があった」と指摘した。

 ◇近鉄秘書広報部の話
 判決文を精査したうえで、今後の対応を決定する。

 【関連記事】「石綿作業していなくても労災認定 新日鉄勤務の死亡男性 2009/ 7/23 asahi.com」 / 「「石綿」健康被害の4割、吸引経緯が不明…工場周辺巻き込む? 2009/ 6/18 YOMIURI ONLINE」 / 「石綿飛散の恐れ、病院など128施設 日常利用の場所も 2009/ 3/30 asahi.com」 / 「石綿労災認定事業所、住所を追加公表 厚労省 2008/12/17 NIKKEI NET」 / 「アスベスト労災、勤務先883事業所公表 2008/10/31 YOMIURI ONLINE」 / 「労災認定事業所160カ所を追加公表 厚労省、石綿被害で 2008/ 6/13 NIKKEI NET」 / 「石綿労災認定、新たに2167事業所・厚労省公表  2008/ 3/28 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 毎月勤労統計・製造業の残業時間、減少率やや縮小 7月統計(20090831) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題・最低賃金据え置きに反し、33県がアップ答申(20090901) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/46086625

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働者災害補償保険法 > アスベスト災害・アスベスト:石綿死、店貸主に責任 近鉄に5000万円賠償命令--大阪地裁(20090901):

« 【社労士】労働一般常識 > 毎月勤労統計・製造業の残業時間、減少率やや縮小 7月統計(20090831) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題・最低賃金据え置きに反し、33県がアップ答申(20090901) »