« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・マニフェスト点検「雇用」…公明・共産・社民など(20090811) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・公務員、年間給与15万4000円減 ボーナス減額幅は過去最大(20090811) »

2009.08.11

【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・中学生まで入院費軽減、500市区町村に拡大 日経調査(20090811)

中学生まで入院費軽減、500市区町村に拡大 日経調査 2009/ 8/11 NIKKEI NET

 子供の医療費にかかる子育て世代の負担を軽減する取り組みが地方自治体の間で広がっている。日本経済新聞の調査では、中学生まで入院費を軽減している市区町村が今年4月時点で500を超えた。1年前の1.3倍で、全体の3割に当たる。子育て支援の拡充で人口流入を促し、地域の活性化を狙う自治体が増えているためだが、安易な受診の増加や財政力の違いによる地域差の拡大を招く懸念もある。
 公的医療保険では、かかった医療費の原則3割を病院の窓口で払うが、小学校に入学する前は2割で済む。この全国一律の制度とは別に、都道府県が個別に負担軽減策を設けて市町村を補助し、さらに市町村も独自の支援策を上乗せしている。
 【関連記事】「中学まで医療費無料「やらないかんでしょ」 河村市長 2009/ 5/13 asahi.com」 / 「医療費完全無料、中学生までの大幅拡大相次ぐ 愛知県 2007/ 9/ 5 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・マニフェスト点検「雇用」…公明・共産・社民など(20090811) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・公務員、年間給与15万4000円減 ボーナス減額幅は過去最大(20090811) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/45895750

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・中学生まで入院費軽減、500市区町村に拡大 日経調査(20090811):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・マニフェスト点検「雇用」…公明・共産・社民など(20090811) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・公務員、年間給与15万4000円減 ボーナス減額幅は過去最大(20090811) »