« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・民主公約…年金、すべての職業を同制度に(20090727) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・月収10万円未満4割 奨学金受ける高校生の母子家庭(20090728) »

2009.07.28

【社労士】労働一般常識 > 自殺対策基本法・自殺、過去最悪ペース 今年上半期は1万7076人(20090728)

自殺、過去最悪ペース 今年上半期は1万7076人 2009/ 7/28 asahi.com

 今年上半期(1~6月)の自殺者数は1万7076人と、過去最悪だった03年に迫るペースであることが27日、警察庁のまとめでわかった。男性の自殺者の増加が目立っており、自殺防止に取り組む人からは、不況の影響を指摘して早急な対策を求める声が上がっている。
 前年同期と比べて4.7%増。このままのペースで推移すると通年で3万4千人を超え、03年の3万4427人に迫る。男性は前年同期比で6.2%増の1万2222人、女性は同1.2%増の4854人だった。
 都道府県別でみると、多いのは東京(1569人)、大阪(1057人)、埼玉(971人)の順。29都府県で前年同期を上回った。増加率が高いのは沖縄(51.3%)、山口(30.2%)、高知(21.6%)の順だった。
 昨年の自殺者についての警察庁の分析では、自殺の理由は健康問題が最も多く、次いで借金や事業不振、生活苦などだった。今年上半期の自殺者が増えている背景には、昨秋以降の景気悪化があると見られる。
 警察庁は78年から自殺者の統計をとっている。97年までは2万人台前半から半ばで推移してきたが、98年に年間3万人を超え、08年まで3万人を超えている。

 ■不況の影響と推測
 自殺防止対策の普及に取り組むNPO法人「ライフリンク」の清水康之代表の話 企業の年度末決算期などに自殺者が増えており、不況の影響が推測できる。雇用や経済支援などの緊急対策が自殺防止のためにも必要だ。

 【関連記事】「1―4月の自殺者、1万1236人 警察庁、年間最悪の恐れも  2009/ 5/27 NIKKEI NET」 / 「全国の自殺者 11年連続で3万人超 2009/ 4/ 2 YOMIURI ONLINE」 / 「自殺者、1月は2645人…いのち守る動き広がる 2009/ 3/ 5 YOMIURI ONLINE」 / 「自殺、10年連続3万人 2008/ 6/19 YOMIURI ONLINE」 / 「自殺率、2016年までに2割以上削減・政府が対策大綱 2007/ 6/ 8 NIKKEI NET
 【コメント】前年同期比768人増(記事中通り4.7%増)。増加率順の都道府県毎の自殺者数は沖縄が227人(51.3%増)、山口が237人(30.2%増)、高知が135人(21.6%増)。

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・民主公約…年金、すべての職業を同制度に(20090727) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・月収10万円未満4割 奨学金受ける高校生の母子家庭(20090728) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/45762974

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 自殺対策基本法・自殺、過去最悪ペース 今年上半期は1万7076人(20090728):

« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・民主公約…年金、すべての職業を同制度に(20090727) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・月収10万円未満4割 奨学金受ける高校生の母子家庭(20090728) »