« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・農林水産業、20~30代の雇用伸びる 農水省まとめ(20090726) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・幼児教育の無償化「4年以内」公約 自民・石原氏(20090726) »

2009.07.27

【社労士】労働一般常識 > ワーク・ライフ・バランス・仕事と育児・介護・・・調和めざす 厚労省や自治体が企業支援(20090726)

仕事と育児・介護・・・調和めざす 厚労省や自治体が企業支援  2009/ 7/26 NIKKEI NET

 政府や地方自治体がワークライフバランス(仕事と生活の調和)に取り組む企業の支援を強化している。厚生労働省はワークライフバランスを後押しする専門家を活用した企業を支えるため、人件費の助成制度を年内にも導入する。東京都足立区や秋田県のように、企業向けの助言・相談業務に乗り出す自治体も増えてきた。景気後退で労働時間が減るなか、仕事と育児・介護などとの両立を考える好機になりそうだ。
 ワークライフバランスは働き方を見直すための試みだ。企業が社員の働く時間や日数を減らしたり、年次有給休暇の取得を促したりする。
 【関連記事】「仕事と生活の調和促進、自治体の行動後押し 厚労省 2009/ 1/ 7 NIKKEI NET」 / 「「仕事と生活の調和」でアドバイザー、厚労省が資格新設へ 2008/ 7/31 YOMIURI ONLINE」 / 「「ワーク・ライフ・バランス」って?名前も内容も浸透せず 2008/ 7/24 YOMIURI ONLINE」 / 「仕事と生活の調和、わずかに改善 2008/ 3/26 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・農林水産業、20~30代の雇用伸びる 農水省まとめ(20090726) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・幼児教育の無償化「4年以内」公約 自民・石原氏(20090726) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/45753738

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > ワーク・ライフ・バランス・仕事と育児・介護・・・調和めざす 厚労省や自治体が企業支援(20090726):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・農林水産業、20~30代の雇用伸びる 農水省まとめ(20090726) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・幼児教育の無償化「4年以内」公約 自民・石原氏(20090726) »