« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録回復のスピードに地域差、山形と東京で2倍強(20090722) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 診療報酬・診療報酬、1億2000万返還検討(20090722) »

2009.07.22

【社労士】国年法・厚年法 > 年金不正受給・聴覚障害偽装、立件1億6800万で捜査終結(20090722)

聴覚障害偽装、立件1億6800万で捜査終結 2009/ 7/22 YOMIURI ONLINE

 札幌市の耳鼻咽喉(いんこう)科医が作成した、聴覚障害があるとする虚偽診断書をもとに、実際には耳が聞こえる「患者」が多額の障害年金を不正受給していた事件で、札幌地検は22日、同市中央区、耳鼻咽喉科医、前田幸あき(よしあき)被告(74)と、年金の申請を代行していた同市西区、社会保険労務士、香田清被告(67)を詐欺などの罪で札幌地裁に追起訴した。
 両被告の追起訴で一連の捜査は終結。すでに起訴した分と合わせ、障害年金の不正受給額は「患者」42人に対し計約1億6800万円に上った。(幸あきの「あき」は日の下に立)
 追起訴では、両被告は北海道芦別市などに住む「患者」30人と共謀。2003年~07年にかけて、前田被告が作成、発行した虚偽診断書をもとに、香田被告が年金給付手続きを代行し、30人に約1億2000万円の障害年金を不正受給させた、としている。
 札幌地検は今後、詐欺などの容疑で書類送検された42人の「患者」について、不正受給した障害年金の弁済状況などを勘案して刑事処分を決めるとしている。
 【関連記事】「札幌の聴覚障害詐欺、耳鼻咽喉科医と社労士を再逮捕 2009/ 7/ 1 YOMIURI ONLINE」 / 「聴覚障害詐欺、偽診断書さらに数十人に…医師ら再逮捕へ 2009/ 6/29 YOMIURI ONLINE」 / 「社労士、中心的役割か 札幌の障害者手帳不正、「患者紹介」で報酬 2009/ 6/22 NIKKEI NET」 / 「聴覚障害偽装、手帳不正取得をほう助…医師ら数人送検へ 2009/ 2/ 4 YOMIURI ONLINE」 / 「障害者手帳不正取得で診療所など捜索へ 北海道警 2008/ 9/ 3 NIKKEI NET」 / 「聴覚障害診断医、強制捜査へ…虚偽診断書作成容疑 2008/ 9/ 2 YOMIURI ONLINE」 / 「身障者手帳、別の医師の診断書添付も 厚労省が通知 2008/ 3/25 asahi.com」 / 「聴覚偽装疑惑認識後も障害者手帳 北海道、48人に交付 2008/ 3/21 asahi.com」 / 「障害年金受給140人に 聴覚偽装疑惑 社保庁調査 2008/ 3/19 asahi.com」 / 「聴力偽り?障害手帳、北海道300人返還 同じ医師診断 2008/ 3/17 asahi.com

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録回復のスピードに地域差、山形と東京で2倍強(20090722) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 診療報酬・診療報酬、1億2000万返還検討(20090722) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/45710082

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 年金不正受給・聴覚障害偽装、立件1億6800万で捜査終結(20090722):

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録回復のスピードに地域差、山形と東京で2倍強(20090722) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 診療報酬・診療報酬、1億2000万返還検討(20090722) »