« 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・厚労省、貧困実態調査へ 10年度、安全網整備に活用(20090716) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 若年者労働問題・雇用・経済対策、若年層対応求める声 諮問会議開催(20090717) »

2009.07.19

【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・医学部定員369人増へ 「地域で仕事」条件の入学枠(20090717)

医学部定員369人増へ 「地域で仕事」条件の入学枠 2009/ 7/17 asahi.com

 医師不足対策として、文部科学省は来年度の大学医学部の定員を、過去最多だった今年度より、さらに369人増やし8855人とすることを決めた。17日朝の関係閣僚会議で報告した。増員分のほとんどは、各都道府県側から医学部に「入学枠」として設けてもらい、卒業生に、その地域で働いてもらう方法を想定している。今後も10年間、同水準の定員を続ける方針という。
 医学部定員は84年度の8280人をピークに減り、07年度は7625人だった。しかし、地域医療を担う医師の不足が深刻になり、08年度は168人増、今年度は693人増やして過去最多となった。
 来年度の定員について文科省は、政府の「骨太の方針09」に「医師等人材確保対策を講ずる」と明記されたことを受け、さらに増やすことにした。10月末までに大学側から申請してもらう。
 今回の特徴は、都道府県が、地元の大学だけでなく、他の自治体にある大学とも協議して「入学枠」を作ってもらい、卒業後に、依頼した都道府県内で働くことを前提に、学生に奨学金を出すという点だ。文科省は、枠の上限を各都道府県7人とし、県内の大学に5人以内、県外に2人以内を目安としている。
 このほか、不足が指摘される基礎医学の研究医を複数の大学で連携して育てるために、全国の合計で最大10人分の定員増も認める。
 【関連記事】「医学部定員、700人増 来年度、地域医療・産科確保へ 2008/11/ 5 asahi.com」 / 「医学部定員増で学長に協力要請 文科省が説明会 2008/ 9/16 NIKKEI NET」 / 「医学部定員、760人増員へ 09年度入学者分 2008/ 8/29 NIKKEI NET」 / 「医学部定員5割増、厚労省検討会が医師不足解消へ目標 2008/ 8/28 YOMIURI ONLINE」 / 「医学部定員1.5倍 10年後、地域偏在を解消 2008/ 8/25 NIKKEI NET」 / 「医学部定員「毎年400人増を」 厚労相が協議へ 2008/ 7/10 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・厚労省、貧困実態調査へ 10年度、安全網整備に活用(20090716) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 若年者労働問題・雇用・経済対策、若年層対応求める声 諮問会議開催(20090717) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/45678270

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・医学部定員369人増へ 「地域で仕事」条件の入学枠(20090717):

« 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・厚労省、貧困実態調査へ 10年度、安全網整備に活用(20090716) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 若年者労働問題・雇用・経済対策、若年層対応求める声 諮問会議開催(20090717) »