« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・冤罪の免田栄さん、年金受給資格求める申し立て(20090605) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・内定取り消し大学生・高校生らは2125人 5月末集計(20090605) »

2009.06.07

【社労士】社会一般常識 > 生活保護・生活保護、過去最多の119万2745世帯(20090605)

生活保護、過去最多の119万2745世帯 2009/ 6/ 5 asahi.com

 3月の生活保護を受けている世帯が、過去最多の119万2745世帯(速報値)に上ることが5日、厚生労働省の福祉行政報告例で明らかになった。01年度から一貫して過去最多を更新し続けている。また、経済状況の厳しさを反映し、前年同月と比べて失業者らの受給が急増している。
 前月より1万4478世帯の増加。前年同月と比べても、7万404世帯増えていた。保護を受けている人数は、165万4612人。
 08年度の月平均は114万8766世帯(速報値)。07年度平均の110万5275世帯(確定値)を、大幅に上回った。
 世帯の類型別で見ると、失業などで保護を受けるようになった65歳未満の世帯など「その他世帯」(全体の約1割)が急激に伸びた。前年同月比の伸び率は、受給世帯数全体が6.3%だったのに対し、「その他世帯」は19.6%。夫婦とも65歳以上の高齢者世帯や傷病・障害者世帯などと比べても、突出した伸び率となっている。前年同月比の伸び率が急増する傾向は、世界同時不況が始まった昨秋以降、特に顕著だ。
 厚生労働省社会・援護局保護課によると、例年3月は失業や離婚などが増えるため、他の月より受給が増える傾向にあるというが、「雇用状況の悪化の影響が一番大きい。雇用状況がよくならないと、増加傾向は続くのではないか」と見ている。
 【関連記事】「生活保護受給115万世帯、4万世帯増える 2009/ 2/ 4 YOMIURI ONLINE」 / 「生活保護世帯の増加傾向続く 08年10月時点、4%増114万超 2009/ 1/19 NIKKEI NET」 / 「07年度の生活保護世帯、110万世帯と過去最多に 2008/ 9/26 NIKKEI NET」 / 「生活保護世帯が過去最多 1カ月平均107万5千世帯 2007/ 9/28 asahi.com」 / 「生活保護100万世帯に、勤労世代も増加 2006/ 2/27 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・冤罪の免田栄さん、年金受給資格求める申し立て(20090605) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・内定取り消し大学生・高校生らは2125人 5月末集計(20090605) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/45263424

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・生活保護、過去最多の119万2745世帯(20090605):

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・冤罪の免田栄さん、年金受給資格求める申し立て(20090605) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・内定取り消し大学生・高校生らは2125人 5月末集計(20090605) »