« 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制・バイオ医薬品の後発薬、日本で初の承認 独サンドが取得(20090625) | トップページ | 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災事故・熱中症の労災なくせ、厚労省が予防マニュアル(20090626) »

2009.06.26

【社労士】健康保険法 > 医療費抑制・後発医薬品の比率、08年金額ベースで7.2%どまり 厚労省調査(20090625)

後発医薬品の比率、08年金額ベースで7.2%どまり 厚労省調査 2009/ 6/25 NIKKEI NET

 厚生労働省が25日発表した2008年の「社会医療診療行為別調査」によると、薬剤費に占める後発医薬品の割合は金額ベースで前年比0.4ポイント上昇し7.2%だった。後発医薬品の使用促進策の効果が出ているとみられるが、使用割合は依然として低水準にとどまっている。
 厚労省が08年6月審査分の明細書をもとに調査した。厚労省は08年4月から処方せんの様式を変えるなど、後発医薬品の利用を促している。
 薬の種類別に後発医薬品の使用比率をみると、入院患者向けの薬剤では「血液・体液用薬」が21.1%で最も高く、次いで「抗生物質製剤」の12.9%だった。外来患者向けの薬剤(院外処方)では「循環器官用薬」が16.5%と最も高かった。
 【関連記事】「協会けんぽ、後発薬切り替えでの負担軽減額通知 まず広島で  2009/ 5/20 NIKKEI NET」 / 「後発医薬品への移行6%どまり 医療費抑制策進まず 2009/ 3/25 asahi.com」 / 「後発薬の普及へ、国立病院が模範 厚労省、使用状況の公表要請  2009/ 2/ 2 NIKKEI NET」 / 「後発薬の売上高、07年度は4258億円 業界団体調べ 2008/12/ 3 NIKKEI NET」 / 「後発薬、一斉に増産 7社合計、09年2倍超 2008/ 8/21 NIKKEI NET」 / 「後発薬使用を原則に、処方せん様式再変更・厚労省方針 2007/11/ 8 NIKKEI NET」 / 「厚労省、薬の処方せん書式変更・後発薬を標準に 2007/ 8/ 5 NIKKEI NET」 / 「ジェネリック医薬品優先使用、厚労省が処方せん様式変更へ 2007/ 4/22 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制・バイオ医薬品の後発薬、日本で初の承認 独サンドが取得(20090625) | トップページ | 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災事故・熱中症の労災なくせ、厚労省が予防マニュアル(20090626) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/45455474

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制・後発医薬品の比率、08年金額ベースで7.2%どまり 厚労省調査(20090625):

« 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制・バイオ医薬品の後発薬、日本で初の承認 独サンドが取得(20090625) | トップページ | 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災事故・熱中症の労災なくせ、厚労省が予防マニュアル(20090626) »