« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・厚生年金「世代格差」拡大…若年層ほど給付額の割合低下(20090523) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 国民健康保険法・国民健康保険の保険料未納率1割超す 08年度最悪に(20090523) »

2009.05.24

【社労士】労働一般常識 > 個別労働紛争解決制度・昨年度の労働相談、最多の23万7000件 厚労省まとめ(20090523)

昨年度の労働相談、最多の23万7000件 厚労省まとめ  2009/ 5/23 NIKKEI NET

 労働者と企業間のトラブルを裁判に持ち込まずに迅速に解決することを目指す「個別労働紛争解決制度」に基づく昨年度の労働相談が過去最多の約23万7000件に上ったことが22日、厚生労働省のまとめで分かった。同省は「急激な景気悪化を反映し、解雇や雇い止めを巡る非正規労働者からの相談が目立つ」としている。
 同制度は2001年10月に始まり、全国の労働局などの「総合労働相談コーナー」で相談を受け付けている。
 【関連記事】「労働相談、過去最多の19万件・「いじめ」増加  2008/ 5/24 NIKKEI NET」 / 「パワハラ相談多数…「職場のいじめ」調査 2008/ 2/12 YOMIURI ONLINE」 / 「職場のいじめ相談、8割が経験 産業カウンセラー調査 2007/12/16 asahi.com」 / 「「個別労働紛争」の相談件数、過去最多の17万件 2006/ 5/25 NIKKEI NET」 / 「個別労働紛争処理制度、活用進む 裁判避けて問題解決 2005/ 5/23 asahi.com」 / 「個別労働紛争の相談急増、03年度は36%増の14万件 2004/ 5/19 NIKKEI NET

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・厚生年金「世代格差」拡大…若年層ほど給付額の割合低下(20090523) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 国民健康保険法・国民健康保険の保険料未納率1割超す 08年度最悪に(20090523) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/45113045

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 個別労働紛争解決制度・昨年度の労働相談、最多の23万7000件 厚労省まとめ(20090523):

« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・厚生年金「世代格差」拡大…若年層ほど給付額の割合低下(20090523) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 国民健康保険法・国民健康保険の保険料未納率1割超す 08年度最悪に(20090523) »