« 【社労士】労働一般常識 > 育児休業法・育休後の待遇を書面で明示義務 野党、法改正の修正案(20090522) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 薬事法・楽天、大衆薬のネット通販規制で訴訟検討(20090523) »

2009.05.24

【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・大学生の就職内定率、9年ぶり悪化 高校生も7年ぶり減(20090523)

大学生の就職内定率、9年ぶり悪化 高校生も7年ぶり減 2009/ 5/23 asahi.com

 今春卒業した大学生の就職内定率は、前年度を1.2ポイント下回る95.7%で、9年ぶりに悪化に転じたことが22日、厚生労働省と文部科学省の調査でわかった。高校生の就職内定率(厚労省調査)も前年度より1.5ポイント低い95.6%と7年ぶりに減少した。
 08年度の大学卒業予定者は54万4千人(学校基本調査からの推計)。専門学校、短大などと合わせ6250人を抽出し、4月1日現在で調べた。大卒予定者の就職希望率は70.4%だった。
 大学生の内定率は、99年度に過去最低の91.1%となって以来、8年連続で前年度を上回っていた。07年度には過去最高の96.9%を記録したが、今春は一転して悪化し、男子は前年度より0.7ポイント減の95.9%、女子は同1.9ポイント減の95.4%となった。
 高校生は求職者数が17万8千人と前年度より3.3%減少したが、求人数は同6.6%減の32万3千人とさらに大きく落ち込んだ。この結果、求人倍率は1.81倍と前年度を0.06ポイント下回った。
 男女別の内定率は、男子が前年度比1.1ポイント減の97%、女子が同2.2ポイント減の93.7%だった。
 高校生については、文科省も同日、今春の内定率は前年度を1.5ポイント下回る93.2%だったと発表した。厚労省は学校またはハローワーク経由で就職を希望した生徒だけを対象としているが、文科省は公務員志望などを含むすべての就職希望者を対象にしているため、違いが生じている。
 【関連記事】「内定取り消し、高校生386人 3月末の文科省まとめ 2009/ 4/30 asahi.com」 / 「高校・専修学校生、内定取り消し881人 195人なお就職活動中 2009/ 4/29 NIKKEI NET」 / 「内定取り消し、いまも就職活動…高校・専門校卒業生195人 2009/ 4/29 YOMIURI ONLINE」 / 「内定取り消し企業の社名公表、抑止効果に疑問符 2009/ 4/21 NIKKEI NET」 / 「内定取り消し企業名公表 大学関係者「氷山の一角」 2009/ 3/31 NIKKEI NET」 / 「内定取り消しは404社1845人、企業名2社を初公表 2009/ 3/31 YOMIURI ONLINE」 / 「非正社員の失職19万人に 内定取り消し1845人 2009/ 3/31 asahi.com」 / 「企業からの辞退示唆や採用条件変更、496人が内定辞退 2009/ 3/26 asahi.com」 / 「内定取り消し1400人超、別企業に再び内定は半数だけ 2009/ 3/26 YOMIURI ONLINE」 / 「内定取り消し753人 大学短大高専分を文科省まとめ 2009/ 1/23 asahi.com」 / 「内定取り消し、専修学校卒業予定者は232人 文科省発表 2009/ 1/19 NIKKEI NET」 / 「就職内定率が低下 大学生5年ぶり 高校生も6年ぶり 2009/ 1/16 asahi.com」 / 「高校生の内定取り消し186人 半数なお求職中 文科省 2009/ 1/16 asahi.com」 / 「内定取り消し、172社769人に…厚労省調査 2008/12/26 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】労働一般常識 > 育児休業法・育休後の待遇を書面で明示義務 野党、法改正の修正案(20090522) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 薬事法・楽天、大衆薬のネット通販規制で訴訟検討(20090523) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/45111957

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・大学生の就職内定率、9年ぶり悪化 高校生も7年ぶり減(20090523):

« 【社労士】労働一般常識 > 育児休業法・育休後の待遇を書面で明示義務 野党、法改正の修正案(20090522) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 薬事法・楽天、大衆薬のネット通販規制で訴訟検討(20090523) »