« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・終末期相談支援料の支払いに賛否割れる 中医協が意識調査(20090520) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・国会議員、夏のボーナス2割減…歳費法改正案が成立へ(20090521) »

2009.05.21

【社労士】健康保険法 > 医療費抑制・協会けんぽ、後発薬切り替えでの負担軽減額通知 まず広島で(20090520)

協会けんぽ、後発薬切り替えでの負担軽減額通知 まず広島で  2009/ 5/20 NIKKEI NET

 中小企業のサラリーマンが加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)は20日、7月下旬から広島支部の加入者を対象に、先発医薬品から後発に切り替えたときに自己負担額がどれくらい抑制できたかを通知すると発表した。後発医薬品の割安さを実感してもらい、利用の促進につなげる狙い。広島での成果を踏まえ、通知の規模を今秋以降、全国の各支部に広げる。
 広島支部では、40歳以上の加入者で、後発医薬品に切り替えた場合に、薬代の自己負担が月額200―300円以上軽減される人を対象とする。薬代がどの程度減ったかを示す通知を対象者が勤める会社に郵送する。
 このほか後発医薬品の処方を医師らに希望する際に医療機関の窓口に提示する意思表示カードを、6月以降、全国の支部窓口などで配布する。
 【関連記事】「後発医薬品への移行6%どまり 医療費抑制策進まず 2009/ 3/25 asahi.com」 / 「後発薬の普及へ、国立病院が模範 厚労省、使用状況の公表要請  2009/ 2/ 2 NIKKEI NET」 / 「後発薬の売上高、07年度は4258億円 業界団体調べ 2008/12/ 3 NIKKEI NET」 / 「後発薬、一斉に増産 7社合計、09年2倍超 2008/ 8/21 NIKKEI NET」 / 「後発薬使用を原則に、処方せん様式再変更・厚労省方針 2007/11/ 8 NIKKEI NET」 / 「厚労省、薬の処方せん書式変更・後発薬を標準に 2007/ 8/ 5 NIKKEI NET」 / 「ジェネリック医薬品優先使用、厚労省が処方せん様式変更へ 2007/ 4/22 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・終末期相談支援料の支払いに賛否割れる 中医協が意識調査(20090520) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・国会議員、夏のボーナス2割減…歳費法改正案が成立へ(20090521) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/45080179

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制・協会けんぽ、後発薬切り替えでの負担軽減額通知 まず広島で(20090520):

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・終末期相談支援料の支払いに賛否割れる 中医協が意識調査(20090520) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・国会議員、夏のボーナス2割減…歳費法改正案が成立へ(20090521) »