« 【社労士】労働一般常識 > 外国人労働問題・日系人の就労支援、5カ所で先行実施 厚労省(20090428) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・国家公務員「夏のボーナス」減額、人事院が初の臨時勧告(20090429) »

2009.04.29

【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・内定取り消し、いまも就職活動…高校・専門校卒業生195人(20090429)

内定取り消し、いまも就職活動…高校・専門校卒業生195人 2009/ 4/29 YOMIURI ONLINE

 今年3月に高校や専修学校を卒業後も、内定取り消しにより今も就職先が見つかっていない卒業生が全国で306人いることが29日、文部科学省のまとめでわかった。
 一部は進路を変えて進学などしたが、195人は依然として就職を希望しており、4月以降も就職活動を続けているとみられる。
 調査対象は、昨年9月以降に企業などから内定取り消しにあった高校生と専修学校生。今年1月5日までの内定取り消し者数は計416人だったが、3月末現在では、2倍以上にあたる881人に膨れあがっていた。このうち就職先を見つけたのは、575人にとどまっていた。
 【関連記事】「内定取り消し企業の社名公表、抑止効果に疑問符 2009/ 4/21 NIKKEI NET」 / 「内定取り消し企業名公表 大学関係者「氷山の一角」 2009/ 3/31 NIKKEI NET」 / 「内定取り消しは404社1845人、企業名2社を初公表 2009/ 3/31 YOMIURI ONLINE」 / 「非正社員の失職19万人に 内定取り消し1845人 2009/ 3/31 asahi.com」 / 「企業からの辞退示唆や採用条件変更、496人が内定辞退 2009/ 3/26 asahi.com」 / 「内定取り消し1400人超、別企業に再び内定は半数だけ 2009/ 3/26 YOMIURI ONLINE」 / 「内定取り消し753人 大学短大高専分を文科省まとめ 2009/ 1/23 asahi.com」 / 「内定取り消し、専修学校卒業予定者は232人 文科省発表 2009/ 1/19 NIKKEI NET」 / 「就職内定率が低下 大学生5年ぶり 高校生も6年ぶり 2009/ 1/16 asahi.com」 / 「高校生の内定取り消し186人 半数なお求職中 文科省 2009/ 1/16 asahi.com」 / 「内定取り消し、172社769人に…厚労省調査 2008/12/26 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】労働一般常識 > 外国人労働問題・日系人の就労支援、5カ所で先行実施 厚労省(20090428) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・国家公務員「夏のボーナス」減額、人事院が初の臨時勧告(20090429) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/44836772

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・内定取り消し、いまも就職活動…高校・専門校卒業生195人(20090429):

« 【社労士】労働一般常識 > 外国人労働問題・日系人の就労支援、5カ所で先行実施 厚労省(20090428) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・国家公務員「夏のボーナス」減額、人事院が初の臨時勧告(20090429) »