« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・基礎年金の国庫負担割合引き上げ、衆院委員会で可決(20090417) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・ホンダ元期間従業員、雇い止めの無効や慰謝料など求め提訴(20090417) »

2009.04.19

【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・国民年金法改正案が衆院通過、財源は埋蔵金・税制改革で(20090417)

国民年金法改正案が衆院通過、財源は埋蔵金・税制改革で 2009/ 4/17 YOMIURI ONLINE

 基礎年金の国庫負担割合を2分の1に引き上げる国民年金法改正案は、17日の衆院本会議で与党の賛成多数で可決された。野党各党は反対した。
 参院では24日に審議入りする。
 改正案は、現在3分の1強の国庫負担割合引き上げに必要な財源約2・3兆円について、2009、10両年度は財政投融資特別会計から「埋蔵金」を充てることを明記。11年度以降は「税制の抜本的な改革で安定的な財源」の確保を目指すとした。
 政府は消費税率の引き上げを想定しているが、改正案は「安定的な財源」が確保できない場合、「臨時の法制上、財政上の措置」で、2分の1を維持するとしており、国債の発行などを迫られる可能性もある。
 全額税方式を主張する民主党は、審議を引き延ばす構えも見せていたが、十分な審議時間が確保できたなどとして、採決に応じた。
 改正案は、民主党が主導権を握る参院では否決される見通しで、与党は憲法の規定に基づき、衆院の3分の2以上の多数で再可決して成立させる方針だ。民主党が審議を引き延ばした場合は、衆院再可決は6月16日以降に可能となる。
 【関連記事】「基礎年金の国庫負担割合引き上げ、衆院委員会で可決 2009/ 4/17 YOMIURI ONLINE」 / 「与野党、年金関連法案の修正で基本合意  2009/ 4/11 NIKKEI NET」 / 「年金法改正案、実質審議入り 衆院厚労委 2009/ 4/ 1 NIKKEI NET」 / 「国民年金法改正案が審議入り  2009/ 3/31 NIKKEI NET」 / 「基礎年金の国庫負担率 政府、50%への引き上げ法案を閣議決定 2009/ 1/30 NIKKEI NET」 / 「年金改正案を閣議決定、国庫負担引き上げ財源は「埋蔵金」 2009/ 1/30 YOMIURI ONLINE」 / 「年金国庫負担上げ、法案30日閣議決定 積立金、取り崩し増加も  2009/ 1/28 NIKKEI NET

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・基礎年金の国庫負担割合引き上げ、衆院委員会で可決(20090417) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・ホンダ元期間従業員、雇い止めの無効や慰謝料など求め提訴(20090417) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/44718311

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・国民年金法改正案が衆院通過、財源は埋蔵金・税制改革で(20090417):

« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・基礎年金の国庫負担割合引き上げ、衆院委員会で可決(20090417) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・ホンダ元期間従業員、雇い止めの無効や慰謝料など求め提訴(20090417) »