« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・民間の夏のボーナス、人事院が調査 支給状況把握(20090406) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・フランス並み少子化政策、10兆6千億円必要(20090407) »

2009.04.07

【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定・パワハラも労災に、認定基準10年ぶり見直し(20090406)

パワハラも労災に、認定基準10年ぶり見直し 2009/ 4/ 6 YOMIURI ONLINE

 厚生労働省は6日、うつ病などの精神疾患や自殺についての労災認定をする際に用いる判断基準を10年ぶりに見直すことを決め、各労働局に通達を出した。
 パワハラなどが認定できるよう12項目の判断基準が新設された。
 精神疾患による労災認定は、ストレスの強い順に3、2、1の3段階で判断される。強度3で新設されたのは、「ひどい嫌がらせ、いじめ、または暴行を受けた」という項目。これまで明確な基準がなかったパワハラによる精神疾患については、この基準で判断できるようにした。
 強度2では、企業の人員削減や成果主義の導入が進んできたことから、「複数名で担当していた業務を1人で担当」「達成困難なノルマが課された」といった基準を新たに設けた。
 厚労省によると、2007年度の精神疾患による労災申請者数は952人で、前年度比133人増。03年度の2倍超となっている。
 【関連記事】「上司のパワハラ、脳梗塞の原因に 東京高裁が労災認定 2008/11/12 NIKKEI NET」 / 「増えるパワハラ 2008/11/ 7 YOMIURI ONLINE」 / 「パワハラ相談多数…「職場のいじめ」調査 2008/ 2/12 YOMIURI ONLINE」 / 「職場のいじめ相談、8割が経験 産業カウンセラー調査 2007/12/16 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・民間の夏のボーナス、人事院が調査 支給状況把握(20090406) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・フランス並み少子化政策、10兆6千億円必要(20090407) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/44592993

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定・パワハラも労災に、認定基準10年ぶり見直し(20090406):

« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・民間の夏のボーナス、人事院が調査 支給状況把握(20090406) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題・フランス並み少子化政策、10兆6千億円必要(20090407) »