« 【社労士】社会一般常識 > 老人福祉法・東京23区生活保護受給者261人、無届け有料ホームに(20090330) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 失業率・失業率、来年年末に7% 2百万人失職 内閣府所長指摘(20090331) »

2009.03.31

【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・厚労相直轄の政策会議を 在り方懇が最終報告(20090330)

厚労相直轄の政策会議を 在り方懇が最終報告 2009/ 3/30 NIKKEI NET

 政府の厚生労働行政の在り方に関する懇談会(座長・奥田碩トヨタ自動車取締役相談役)は30日の会合で、厚労省の信頼回復策を盛った最終報告をまとめた。厚労相直轄の政策会議の設置や、副大臣との役割分担を通じて厚労相が機動的に問題に対処できるよう求めた。ただ、省庁にまたがる大きな改革や、提言実現の時期は明示しなかった。
 懇談会は年金記録問題や後期高齢者医療制度の混乱を受け、昨年8月に官邸内に設置。12月には「政策決定に国民の参加が必要だ」などとした中間報告をまとめた。
 最終報告では厚労省の組織改革の一環として、省内の幹部や外部の有識者でつくる厚労相直轄の「政策推進会議」の新設を訴えた。年金から食品安全まで広範囲にわたる課題に迅速に対応できるようにするのが狙いだ。副大臣や政務官に年金や医療、雇用などの分野を担当させ、国会答弁の大半が集中する厚労相の負担を軽減する案や厚労相を補佐するスタッフ職員の充実も訴えた。
 【関連記事】「舛添厚労相、省の解体言及 厚生、年金、労働に3分割案 2009/ 3/ 7 asahi.com」 / 「年金問題の解決、人員増強が必要 厚労行政在り方懇 2009/ 1/26 NIKKEI NET」 / 「厚労行政在り方懇が初会合  2008/ 8/ 7 NIKKEI NET」 / 「厚労省改革、官邸主導に 有識者懇を移管 首相方針 2008/ 8/ 5 asahi.com」 / 「厚労行政懇座長に奥田・トヨタ相談役 厚労相発表 2008/ 7/25 NIKKEI NET

|

« 【社労士】社会一般常識 > 老人福祉法・東京23区生活保護受給者261人、無届け有料ホームに(20090330) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 失業率・失業率、来年年末に7% 2百万人失職 内閣府所長指摘(20090331) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/44519159

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・厚労相直轄の政策会議を 在り方懇が最終報告(20090330):

« 【社労士】社会一般常識 > 老人福祉法・東京23区生活保護受給者261人、無届け有料ホームに(20090330) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 失業率・失業率、来年年末に7% 2百万人失職 内閣府所長指摘(20090331) »